妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

関節トラブル

産後の腰痛が劇的に楽になる7つの方法

投稿日:

ひどい腰痛に悩まされています

6ヶ月の男児がいます。

 

妊娠中も腰痛で起き上がれない事がありましたが、最近さらにひどくなりました。

子供をおんぶしようとすると腰に激痛を感じます。

年子でもう1人子供がいるのでゆっくり休んでいるわけにもいきません。

お医者様に通わずに体操なので治す方法はないでしょうか。

 

腰痛は妊娠中に多い不快な症状の一つです。

腰は人間の体幹の中で重要部位なので、生活するのにも一苦労ですよね。

そんな腰痛ですが、先輩ママさんの多くも腰痛持ちの人が多く苦労されていたようです。

この辛い腰痛がすぐに楽になる改善方法、7つ紹介します。

 

産後腰痛になる3つの原因

産後腰痛に悩むママさん多くいます。

なぜ産後は腰痛になってしまうのでしょうか。

それは妊娠と産後で体型や姿勢が大きく変わるからです。

 

腰周りの関節が凝り固まっている

妊娠に伴う体重の増加や、大きくなったお腹の負担で、知らず知らずのうちに以前とは違った無理な姿勢で過ごすことが多くなることが原因となっています。

出産前まではそり腰だった。

出産前はお腹を曲げるような動作は極力避けていましたが、産後になって前傾姿勢がとれるようになります。

前に曲げるという姿勢、数ヶ月ほとんど行っていないということ。

 

足を骨折や肉離れした人なら経験あると思いますが、折り曲げると関節部がカッチカチになって非常に痛い。

筋肉や筋が凝り固まっているからです。

腰も同様で、いきなり前傾姿勢に戻って、赤ちゃんを抱っこすればうっかり痛めてしまうことだってザラなんです。

 

腰周りの筋肉が衰えている

妊娠中は極力腹圧をかけることは禁止なので、自ずと腰周りの筋肉は低下してしまいます。

半年間ほとんど運動していないわけですから、ヤバイのは目に見えていますよね。

 

腰周りの血流滞る、冷えている

使っていない箇所の筋肉は冷えて固まり血流が悪くなります。

肩こりも血流が悪くならからおこるわけで腰痛も同じような道理です。

 

産後腰痛を楽にする方法

POINT産後の腰痛を楽にするためのポイントは「腰の負担をいかに減らすか」「いかに血流をよくするか」によります。

産後まもなくは骨盤ベルトを常時着用

骨盤が安定するまでは、常時骨盤ベルトを着用してズレを矯正するようにしましょう。

ぐらついた骨盤のままでは、腰の筋繊維に過剰な負担を与えてしまうので姿勢を矯正するように。

トコちゃんベルトⅡが産婦人科でもおすすめといわれています。

 

毎日湯船につかる

腰周りの血流を促すことは腰痛改善に効果のある方法です。

1週間毎日マッサージに行くくらい腰が楽になるんですよ。

毎日湯船に浸かるのが一番楽になる方法。

特に赤ちゃんが小さいときは常に付きっ切りで自分の時間もなかなか取れません。

そんな時こそお風呂時間というのは貴重なプライベートタイム。

自律神経を落ち着かせるのにも有効。

温浴効果のあるホットタブを使うと全身の血流もよくなり、腰痛が楽になります。

 

湯たんぽやホッカイロで腰周りを常に温める

肛門 カイロ

寒い季節は腰周りをしっかりと温めてあげましょう。

貼るタイプのホッカイロや寝るときに湯たんぽなど。

冷えは自律神経を高ぶらせ痛みに敏感になります。

患部を温めることによって神経を鎮め、痛みを緩和させる効果もあるのです。

 

ベビーカー必須

赤ちゃんを抱っこした方がぐずらないということもありますが、腰の負担を考えればなるべく抱っこは控えるようにしましょう。

外出時はなるべくベビーカーを使用し長時間腰に負担をかけないように。

どうしてもぐずってしまう場合は椅子に座り抱っこするようにしましょう。

 

オムツ変えは台の上

オムツを替えるときに赤ちゃんを抱っこしますが、そのときの姿勢が一番危険です。

中腰で、中途半端に折り曲げた状態で赤ちゃんを持つと「ピキっ」といくことも。

また、前傾姿勢でオムツを替えるとそれだけでも腰の負担にもなります。

なるべく直立姿勢でオムツを替えるか、座った状態でオムツを替えるようにしましょう。

 

重いものを持つときは膝を曲げて下半身で持ち上げる

持ち上げる

買い物のときは要注意です。

特にスーパーの陳列棚で下のほうにあるお米や、ペットボトルを取り出そうとするときに中腰で持ち上げることが多くなります。

これも危険な持ち上げ方です。

腰にこない持ち上げ方は、一度屈んでそり腰になり、下半身から持ち上げるようにしましょう。

持ち上げるときに「ショッコラショ」と掛け声を出すと力が入りやすく腰の負担も減ります。(恥ずかしいですが)

 

腰痛によい食べ物を食べる

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンD
  • 生姜

これらは骨や筋肉の成長に欠かせない栄養素になります。

産後落ちてしまった筋力や、授乳中に減りやすいミネラルは食べ物で補給していきましょう。

魚肉や鶏肉、ヒレ肉、大豆製品やヨーグルトなどがおすすめです。

生姜は血流をよくし、体を温め腰痛の痛みを緩和してくれる作用があります。

 

産後起き上がれないほどの腰痛であれば診察や治療が必要

起き上がれないほどひどかったりするのであれば、症状としてはかなり重く、きちんとした検査や治療が必要です。

病院に通わずに治したいとのご希望ですが、あなたの場合最も疑われる病気は椎間板ヘルニアです。

これは整形外科での診断や治療をおこなう病気です。

 

きちんと治療しないと更に痛みが強くなるだけでなく、下肢の麻痺などさらに困った症状が出てくる可能性があります。

診断には通常X 線撮影が必要ですが、妊娠中はできる限りX 線を浴びないことが望ましいので、産後の現在特に次の妊娠を計画されるのでしたら、ぜひその場合きちんと検査し治療をしておくことが望ましいと考えます。

 

次のお子さんを計画されない場合でも、現在6ヶ月のお子さんはこれからますます体重も増え、育児の際の負担が症状を悪化させる可能性があります。

腰痛体操が有効な場合もありますが、その前にどういう状態なのか、きちんとした診断を受けた上で、最も適切な治療を選択することは大切です。

まとめ

腰周りは常に温めて血流をよくし、少しずつ腰周りの筋肉を戻していきましょう。

腰痛が楽になってきたら少しずつ運動を取り入れて筋力を取り戻しましょう。

腰周りの筋肉を早めに戻すと腰痛改善もですが、プロポーションを早く戻しやすくなるというメリットもあります。

赤ちゃんの世話や家事に忙しいかもしれませんが、旦那や親族と協力して体のケアをしていきましょう。

-関節トラブル

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.