妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

肛門トラブル

鼠径ヘルニアの手術をせずに妊娠出産は可能ですか?

投稿日:

左側に直径2センチくらいの穴が開いているそうです。子供はもうすぐ1歳。

あまり間を空けずに2人目を産みたいと思っているのですが鼠径ヘルニアをこのままにしておいて自然分娩できるのでしょうか?

ヘルニアの手術を優先しなければならないとしたら、次の妊娠までどれくらい期間を置かなければならないのか、また2度目の出産後に再発の危険がないかどうか教えてください。

妊娠中に鼠径ヘルニアを発症してしまう人も少なくありません。

出産に影響が出ないか心配かもしれませんが、結論からいえば出産には影響はありません。

しかし今後第二子が欲しい、今妊娠中で鼠径ヘルニアになっている場合は注意した方がよいでしょう。

 

鼠径ヘルニアとは

鼠径ヘルニアとは鼠径部(足の付け根)の筋肉と靭帯で囲まれる三角形の部分から腸管が膨隆している状態を言います。

立ったり腹圧を掛けた時に鼠径部に膨らみができ、横になったり

腹圧がかからない状態になると自然に消えるという状態を繰り返していればかなり疑わしいと言って良いでしょう。

 

鼠径ヘルニアは妊娠中に発症しやすい病気その症状は

妊娠中は大きくなった子宮によって常に腹圧が高くなっているため、鼠径ヘルニアが起こりやすくなっています。

痛みがなく容易に元に戻るようであれば分娩まで様子を見ることが可能です。

 

しかし、かんとんヘルニアといって合流した腸管が元に戻らなくなり腸閉塞を引き起こして腹痛や嘔吐といった症状が出てきて手術が必要になる場合があります。

また、このような状態が続くと組織の壊死を起こし、腹膜炎に陥ることもあるので注意が必要です。

原因はおそらく妊娠中の負担に分娩時の負担が加わったためだと考えられます。

 

鼠径ヘルニアになったからといってすぐに手術する必要はない事も

鼠径ヘルニアになってしまったら必ず手術をしなくちゃいけない。

手術と聞くとだれもがあまりいい気分ではないですよね。

鼠径ヘルニアになってしまっても、症状が軽度の場合は手術をしなくても自然に治る場合も多くあります。

 

また、出産には影響しないことが多く、ヘルニアのために正常分娩できないことはありません。 

ただし、掛かりつけの産婦人科医には鼠径ヘルニアであることをちゃんと申告するようにしましょう。

 

鼠径ヘルニアを悪化させずに妊娠・出産をむかえる方法

鼠径ヘルニアだからといって、いきなりどうこうなるとういわけではありません。

先輩ママさんたちも鼠径ヘルニアを持ちながらも妊娠出産された方は多くいます。

まずは鼠径ヘルニアを悪化させないために妊娠中はしっかりとケアを行うようにしましょう。

悪化させないための6つのポイントを紹介します。

 

長時間立つのを控える

長時間の立位は、妊娠中の腹部に大きな負担を強いられます。

重力も常にかかっているため妊娠中に増えた体重もあり余計に負担が掛かります。

接客業などの立ち仕事が多い場合は、なるべく仕事の負担を減らし、座るや横になることを心がけましょう。

 

重たいものは持たないようする

重たいものを持ち上げるときにも腹圧がかかります。

得意注意したいのが買い物のときについつい力を入れてしまうこと。

お水とかお米とかは要注意です。

買い物の際は

  • 買うものが少なくてもカートを使用
  • パートナーと一緒に行き重たいものはお任せする
  • 重い荷物は通販で購入する

といった工夫を行うようにしましょう。

洗濯物を取り込む、大きいゴミを出すという動作にも気をくばるように。

 

激しい運動を控える

妊娠中も適度な運動は大切なことですが、上下にゆれるような激しい運動は控えましょう。

例えばジョギングや踏み台昇降運動など。

ドスドスと常に腹部に負担のかかる運動は鼠径ヘルニアを悪化させる場合も。

運動するのであれば腹部の負担が少ない水泳やヨガなどを中心に行うようにしましょう。

便秘にならないようにする

妊娠中は赤ちゃんの成長の影響で常時腹圧がかかりますから、便秘は大敵です。

  • リンゴやバナナ納豆などの水溶性食物繊維を多く摂る
  • 適度な油分エクストラヴァージンオリーブオイルで便の滑りをよくする
  • 水分をこまめに摂取する
  • ヨーグルトや納豆など乳酸菌を摂取する

食事で便通は大きくわかってきます。

なるべく腸によい食事を心がけましょう。

 

くしゃみで腹圧が掛からないようにする

くしゃみは瞬間的に大きな腹圧がかかります。

くしゃみをするのは自然な現象ですが、なるべくくしゃみを起こらない環境をつくるように心がけましょう。

  • ほこりっぽいところにいかない
  • 寒暖差の激しいところは注意する
  • 外出時はマスクを着用
  • 犬やネコなどのペットの接触はなるべく避ける
  • 布団や衣類は乾燥機を使用する
  • 空気清浄機を使用する

なるべくくしゃみを発症しそうな条件を避けるように心がけるようにしましょう。

 

嘔吐や咳のときは鼠径部を抑えるようにする

嘔吐や咳も腹圧がかかりやすくなります。

我慢するのは難しいですから、鼠径部を手で抑えてなるべく刺激がでないようにこころがけるようにしましょう。

 

 

まとめ第二子妊娠までに鼠径ヘルニア手術は受けた方がよいです

このままにして、次回の妊娠をするとさらに悪化しかん頓する危険が無いとは言えません。

次回の妊娠までに安全に妊娠出産を希望されるのであればヘルニアの手術をお受けになることをお勧めします。

術後の回復が順調であれば手術後半年経過すれば妊娠には差し支えないと考えられます。

-肛門トラブル

Copyright© 子育て歩み , 2021 AllRights Reserved.