妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

髪トラブル

産後抜け毛や白髪が多くなるのはどうしてですか?元にもるのはいつから?

投稿日:

出産して2ヶ月頃から抜け毛がひどくな5ヶ月経った今でもよく抜けます。

洗髪する時には特に驚くほど抜けこのままでは元に戻らないのではないかと心配になります。

何か栄養が不足しているのでしょうか。

産後9ヶ月目になります産後4ヶ月頃から前頭部に白髪が目立つようになりました。

白髪の原因とこれ以上増やさない方法があったら教えてください。

また部屋マニュキアなどは母乳を与えているいる場合避けた方が良いのでしょうか。

髪は女の命といわれることもありますよね。

出産を境にいままで髪は自慢だったのに、白髪や抜け毛が目立って急に老け込んで見えるようになった。

と言う人も少なくありません。

抜ける続ける髪や、白髪が増えて

あぁこのまま老け込んでしまうのかも…」

と言う心配がありますが、大丈夫です。

 

産後1年もすれば元の髪質に戻ります。

しかし髪の毛は、体調の影響が出やすい部位なので産後の体調管理に気をつけることは重要なポイント。

当然体に良いことをすれば髪の質も早いうちから改善することもできます。

早く帽子で隠さずベビーカーを引いてお出かけしたいですよね。

 

産後の抜け毛の原因

ホルモンバランス

出産後の抜け毛の増加を経験するかたはとても多くだいたい分娩後に3ヶ月目から目立ってたくさん抜けるようになります。

妊娠中に胎盤から大量に分泌されていたエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモンが減少し妊娠前の状態に戻る過程で起こる変化と考えます。

決して病的なものではありません。

 

産後髪の毛の変化

発毛

普通、産後6ヶ月から7ヶ月目で抜け毛の量が少なくなり、そして生まれたお子さんも満1歳のお誕生日が近づく頃にだいたい落ち着き少しずつ新たに神が増え始めるのが普通です。

時間はかかっても必ず元に戻るのでこのまま紙がなくなってしまうのではないかと心配なさる必要はありません。

 

ただし、髪の伸びる速さは1ヶ月に1センチから1.5センチくらいなので回復するまでには時間がかかり以前より髪が薄くなったと感じる期間はしばらく続くかもしれません。

抜けてもその後からは新しく生えてくるので心配は要りません。

ただ、しばらくは額の周囲など後れ毛が気になるかもしれません。

 

特に養毛剤などを使う必要はなく、休養と栄養に気を配りながら気長に待ちましょう。

多くの場合、他人から見てわかるほど上の髪量は変化しません。

 

産後の白髪の原因

白髪

白髪については遺伝的要素もあり、たまたま出産時期と重なって増えてきたという面があるかもしれません。

白髪になるメカニズム
「欠失型」と呼ばれるメラノサイトがメラニン色素を作り出せなかった時「休止型」と呼ばれる毛母細胞のシステムが狂いメラニン色素を受け入れず黒色に染めることができなかった時にできるとされています。

妊娠~出産のストレス

しかしながら、「なぜ」「どのように」白髪になるのかという明確な原因はわかっていません。

ただ、白髪になる原因の一つとして「ストレス」が影響を及ぼしているというのは大きいでしょう。

妊娠~出産という人生においてジェットコースターのような体験を日々送るのですから、少なからずストレスの影響はあるでしょう。

妊娠~授乳による慢性的な栄養不足

妊娠~母乳を与えるということは子に「自身の血肉を与える」行為といってもよいでしょう。

一人の命を宿すわけですから、それだけエネルギーが大量に必要になります。

人間は命に関わると、生きるのに必要でない箇所からエネルギー供給を減らします。

それが髪、次に爪、肌といったところ。

慢性的なエネルギー不足が白髪として現れることもすくなくありません。

 

白髪染めは授乳中の赤ちゃんに影響はしません

白髪染め

ヘアマニキュア等の使用についてですが染料の成分が皮膚から多少吸収されます。

母乳にまで分泌される量は微量で周囲の環境にある他の有害な化学物質と比較した場合、あまり神経質になっても仕方ありません。

 

ただ、ヘアマニキュアに限らず家の中の化粧品や薬品はちょっとした不注意から赤ちゃんの口に入らないとも限りません。

化粧品、薬品を触った手をよく洗う。保管場所には気をつけるといった注意は怠らないようにしましょう。

 

産後の抜け毛や白髪を予防する方法

産後一時的なホルモンバランスやストレスの影響によって抜け毛や白髪になりますが。

栄養やケアによって早く健康的な髪に戻すこは可能です。

1年が半年に短縮できた方がいいですよね。それだけオシャレも楽しめるということです。

髪によい栄養素を摂取する

髪の元はアミノ酸、アミノ酸の元はたんぱく質です。

食べ物で摂取したたんぱく質を髪として構成するのに必要なのがビタミンとミネラル。

この3つの栄養素はしっかりと摂取するようにしましょう。

 

ビタミン…ビタミンB群

ミネラル…亜鉛、カルシウム

たんぱく質…1日自身の体重/gのたんぱく質の摂取を心がける(50kgなら50gのたんぱく質)

 

特に、外食や惣菜、ファストフードやスイーツなどにはこれらの栄養素が不足しがち。

足りない栄養素はサプリメントで補うようにしましょう。

 

頭皮に刺激の少ないシャンプーやコンディショナーを使用する

頭皮環境というのは例えていうなら野菜を作るための「畑」です。

土壌が良くないと良い作物が育たないように、頭皮環境のケアも重要になってきます。

特に毎日行うシャンプーやコンディショナーには注意しましょう。

 

若いうちは頭皮のターンオーバーも早く多少刺激が強い製品でも問題なかったかもしれません。

しかし産後の弱った頭皮環境では刺激が強すぎてしまい、頭皮環境を悪化させてしまう可能性も。

だからといってシャンプーをしないと気持ち悪いですよね。

 

髪や頭皮に優しい界面活性剤の入っていないシャンプーやコンディショナーを選ぶようにしましょう。

多少市販の製品に比べて割高ですが、美容院でしょっちゅうケアしてもらうよりははるかに割安ですよ。

 

産後用の育毛剤もおすすめ

産後 育毛剤

直接頭皮に栄養を与えて毛根を元気にさせるのもおすすめです。

産後しばらくすれば元に戻りますが、「1日でも早く改善したい」という人にはおすすめです。

 

野菜の発育に例えてしまいますが、しっかりと栄養を与えた土と、そのままの土。

どっちが発育のよい野菜が実るかというと明らかに前者ですよね。

これは髪だって同様のことが言えます。

 

3ヶ月よい栄養素を頭皮にしみ込ませるのと何もしないのとでは明らかに髪質が違います。

第一子のときは何もケアをしておらず、1年くらいは抜け毛や白髪がありましたが、第二子は育毛剤を使ってケアしたところ8ヶ月目で元に戻りました。

この4ヶ月の差をどうとらえるかはお任せします。

 

まとめ

出産後しばらく授乳や睡眠不足で疲れやすいので抜け毛が気になる間はまだ私の体は産後の回復途中なのだと考え、無理せず休養をとることが大切です。

産後はなかなか自分の思うようにいかずストレスを溜めやすくそれが影響していることも。

特に髪の毛や、爪、目の下などは体調不良やストレスの影響が出やすい箇所です。

髪について悩みすぎると余計にストレスがかかり本当に髪に影響が出てしまうことも少なくありません。

「今は産後で仕方ないんだ」と割り切ることも重要です。

 

しっかりと休養と栄養を摂れば髪は必ず生えてきます。

マメに鏡を見て自分が今ちゃんとしっかりと栄養を取れているか、休めているかチェックしましょう。

時には旦那や親族にお願いしてしっかり休む日を作るもの髪には良い効果をもたらします。

-髪トラブル

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.