妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

二人目妊娠出産

出産の時陣痛が弱かったけど二人目も同じ感じ?

投稿日:

出産の時、破水に気づかず陣痛が来るのを待ってました。

破水したと思われる日に2時間近く痛みを感じたのですが、次の日は全く痛くなく2日経ってからすぐに十分間隔も陣痛がきて入院しました。

仰向けに寝ていると陣痛が強くなっていくのですが辛いので横向きに寝ると全く消えてしまい、陣痛促進剤を使うことになりました。

6時間後に無事出産しましたが、どうして陣痛が重いていくのかわからず、助産婦さんにも聞けず書籍にも掲載されていないので心配です。

妊娠中に20キロ以上太ったのでそれも関係しているのか気になります。

2人目も欲しいのですが、次の出産時に陣痛に気づかないかもしれないと思うと怖いような気がします。

 

陣痛の痛みは「お腹をダンプで轢かれる」「骨盤を両側から思いっきり締められる」というような壮絶な例えがあるようにとてもしんどいものです。

しかし人によっては陣痛の痛みが感じることがなく

「え?もう生まれてきちゃうの??」

とあっけにとられてしまう人も多いようです。

 

ただし、陣痛が来ないと出産の時の目安がとれず困ってしまう事もありますよね。

大丈夫だろうと出かけて破水なんかしたら大変です。

二人目を出産するときもおんなじ感じなの?と思いますが

おそらく一人目の出産のとき陣痛が弱い場合は同じような感じです。

だからといって病気ということでもありません。

ではなんで陣痛が弱いのでしょうか?またその場合どう対策したらいいのか紹介します。

 

陣痛が弱いのは珍しくありません

陣痛についてですが、来るべき陣痛がなかなかをなかったり、一旦陣痛が始まっても遠のいてしまって分娩が進行しなくなることがよくあります。

初めから陣痛が弱い場合を原発性途中で遠のいてしまう場合を続発性微弱陣痛といい、程度も差はあるもののどちらもよくあることで決して珍しくありません。

 

陣痛が弱くなる原因

微弱陣痛になる一般的な原因としては、

  • 胎児が大きい
  • 骨盤が狭い
  • 母体の疲労
  • 母体の肥満

次の分娩は2回目になるわけで、2回目の訓練は大多数の方が初めての時よりも時間もかからず順調に進むことが知られており、分娩の進行についてはそれほど心配はならないでしょう。

ただし、次回の妊娠までに無理のないペースでダイエットなさる事をお勧めいたします。

なお、通常出産時に陣痛に気づかないことはありませんが、ご心配であれば健康診断をこまめに拭け何か変わった兆候があったら病院に行くように心がければ良いと思います。

 

陣痛が弱いのは体質なので気にしない事

痛みにも個人差はあると思いますよ。

痛みに強い人、弱い人っていますからね。

痛みに鈍感というのか…

 

私の場合一人目のとき、やや不規則で弱い痛みから始まりました。

普通15分間隔から、と聞いてたのに、最初から8分間隔とかで短かったです。

5分間隔で病院に行きましたが、なかなか痛みが強くならずに時間がかかり、結局微弱陣痛で促進剤使用になりました。

二人目は焦って病院行かずに自宅で動いて歩いて、としてたら、スピード安産になりました。

 

出産日なのに陣痛が弱い場合の対策方法

とにかくリラックスすることです。

慣れない環境だと痛みにも鈍感になりがち。

特に病院の独特の雰囲気だと緊張したりして、なかなか陣痛が強くならない、進まないことがあります。

リラックスできる自宅で、無理のない範囲で動いたり、今のうちにシャワー浴びたりして、できれば体を動かしつつ過ごされると、本陣痛に繋がるかもしれません。

安静にしすぎるより、歩いたり動いたほうが進みやすいですよ。

 

陣痛が無くても破水がある場合即入院

破水の問題ですが、破水の時期は色々な可能性あります。

分娩が始まってから胎児が晩出される直前までの間に起こることが比較的多いのですが、陣痛が始まる前に破水が先行することも珍しくありません。

このような破水を前期破水といいます。

 

妊娠37週以降になっていれば前期破水に引き続き、陣痛が起こって分娩が開始する場合が多いのですが、中には破水後なかなか陣痛が起こらない場合があります。

と破水した場合は陣痛がなくてもすぐに入院する必要があります。

破水したために羊水が減ったり、子宮内に感染がおよび、赤ちゃんの状態が悪くなることがあるからです。

 

まとめ

陣痛が弱いのは、その人の個性といってもいいでしょう。

陣痛の痛みが少ないのは、人によっては「羨ましいこと」なので「私はラッキーなんだ」と思えばいいだけです。

ただ、一人目の出産のとき太りすぎていた場合は要注意です。

妊娠糖尿病というママの影響、難産、赤ちゃんの影響には早産、流産、未熟児、発育不全、奇形、心臓病などのリスクも。

太り過ぎないように注意するのが妊娠中の注意点。

出産間近になったら、必ず痛みの度合いは変わりますが「陣痛」はあるので注視するように。

 

なるべく遠出せず、すぐに病院にいける体制さえとれば安全でしょう。

人によっては、二人目以降の出産はちょっと行ってくる、生まれましたとさくっとこ慣れてしまうことも。

陣痛がなくても生まれてくる子はかわいいですから痛みがなくても気にしなくて大丈夫です。

 

 

-二人目妊娠出産

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.