妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

二人目妊娠出産

低出生体重児が続きました。元気な赤ちゃんを出産できる予防方法はありますか?

投稿日:

 

3歳1ヶ月と8ヶ月の子供がいます。2人ともほぼ予定通りの出産だったのですが2100グラム台の低出生体重児でした。

へその緒の長さも普通の人も半分ぐらいだと先生に言われました。

妊娠中はつわりがきつかったくらいで、その他特に異常はありませんでした。

気になるところは私に先天性心臓病があることくらいなのですが、子供の小ささと何か関係があるのでしょうか。

それとも他に原因があるのでしょうか。

主人も私も小柄なので先生は体質だろうとおっしゃっていましたが本当にそれだけなのか心配です。

生まれるなら元気な赤ちゃんでいて欲しいですよね。

どうやったら元気な赤ちゃんを生むことができるのでしょうか。

それは様々な要因はありますが、まずは栄養摂取です。

3000グラム以上の元気でたくましい赤ちゃんと対面できるようにがんばりましょう。

 

低出生体重児が生まれる確立は7.5%

 

出世時の体重には個人差がありますが周産期学では在胎期間の長短にかかわらず出生体重2500g 未満の赤ちゃんを低出生体重児と呼びます。

頻度は約7.5%です。

さらに、ご質問の方のように早産ではないのに体重が少ない場合light for date 在胎周期に比例して体重が軽いと呼びます。

 

低出生体重児の原因

この原因として

  • 遺伝素因
  • 母体の体格
  • 歯周病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 腎疾患
  • チアノーゼ性心疾患
  • アルコール
  • タバコ摂取
  • 子宮内感染
  • 臍帯、胎盤の異常

 

などが知られています。

 

低出生体重児のリスク

出世時の体重が少ない場合、分娩時に仮死になりやすい、出生直後に低血糖になる可能性があるなど、分娩時の管理に注意が必要です。

2000グラム以上であれば、その時期を無事に過ぎ、他に異常がなければ無事に育つことが多いのであまり心配なさる必要はありません。

しかし2000グラム以下の場合、注意欠如多動性障害、学習障害、聴力障害などになりやすい傾向があるとされています。

お母さんも心臓の状態についてはきちんと定期的に検査をお受けになることが必要です。

低出生体重児は太りやすい場合も

太りやすい子供

デンマーク・コペンハーゲン大学のAllan Vaag氏の研究では

低体重で生まれた子どもは脂肪細胞の組織が十分に発達せず、そのことが過食や肥満、ひいては糖尿病などの疾患につながっている

というような発表がありました。

 

食事において満腹間を脳に伝えるホルモンであるレプチンの分泌が弱く食べ過ぎになりやすいとのことです。

また、低体重出生者は通常であれば皮膚下の脂肪細胞に蓄えられますが、心臓や肝臓などの器官に取り込みやすく、内臓疾患やうつ病になりやすいといわれています。

 

低出生体重児を予防し元気な赤ちゃんを生むための3つの方法

元気な赤ちゃんを出産するためにも、原因を減らし、そしてママにも赤ちゃんにも良い環境を保つことが大切です。

その中でも体を作るための食事の管理が重要です。

 

妊娠中に必要な栄養素はしっかりと摂る

栄養

  • オメガ3長鎖脂肪酸…青魚(鯖、アジ、鰯、秋刀魚)
  • 亜鉛…牡蠣、シジミ、レバー赤身肉など
  • 葉酸…葉物野菜
  • 鉄…レバー、赤身肉
  • カルシウム…ヨーグルト、納豆
  • ビタミンD…日光、魚介類

です。どれも妊娠中に大切だと言われている栄養素ばかりですよね。

普段の食事でどうしても摂れない栄養素も出てきます。

特に葉酸、鉄分は不足しがちな栄養素です。

 

妊娠中は味覚も変わり野菜の青臭さがダメだったり、温かいものが口に合わないこともしばしば。

低出生体重児を予防するためにはしっかりとした栄養が必要ですのでサプリメントで補いましょう。

自分に不足している栄養素は何か、というのを普段の食事をレコーディング(メモ)してみるといいですよ。

不足しがちな栄養素がわかったらそれにあったサプリメントで補うのがおすすめです。

 

ただ、一つ一つサプリメントを買うのは手間もコスパも悪いです。

何錠もサプリを飲むハメになってゲップが気持ち悪いなんてこともありました。

少ない錠剤でしっかりと栄養補給ができたほうが正直楽だし気持ち悪くならないしコスパもよいです。

そんなおすすめなのがベルタ葉酸です。

なんだかんだで妊娠中に必要な栄養素がこれ一つでOKなのは長い妊娠生活にはとても助かりますね。

他の葉酸サプリメントでもいいんですが、栄養素が満たされていないので結局買い足しで高くついちゃいます。

ベルタ葉酸ならそれだけで安心できるというお手軽さ。結局安くつきますよ。

妊娠中も赤ちゃんの成長もですが、自分自身の体が朝すごい軽く起きれました。

 

体重は減らしすぎず増やしすぎず

妊娠中は、産月に適正体重+10キロくらいが理想とされています。

それを上回りすぎたり下回りすぎたりしないように食事をコントロールしましょう。

月に1kg増やしていくのが理想です。

増やしすぎた場合は、

  • ウォーキングやマタニティヨガなど運動
  • パン類、麺類などの小麦食品を減らす
  • オヤツを低カロリー食品に変える

などの工夫を行いましょう。

なかなか体重が増えない場合、体を作るために必要な栄養素であるたんぱく質は必ず摂るように

食事での摂取が難しい場合はプロテインを飲むというのもおすすめです。

なるべくお米を多く食べるようにしたほうが体重コントロールしやすいですよ。

 

妊娠中の鉄分摂取は積極的に

鉄分摂取と出生時体重についてのイギリスの論文では、摂取量が増えるごとに新生児の体重が少し増えたとのことです。

また最近の25の研究のまとめによると、妊娠中の貧血によって低体重児が産まれやすくなります。

特に妊娠初期、中期に貧血を起こすと低体重児のリスクが通常よりも30%増えるそうです。

 

妊娠中は出産のために血液量が増えるため貧血に陥りがち。

元気な赤ちゃんを生むためにも沢山鉄分を摂るようにしましょう。

病院からも貧血と診断されたら鉄剤を処方されるでしょう。

しかし一時的に血液中のヘモグロビン値を上昇させるだけで、まだ根本的な解決にはなりません。

そんなときサポートするのにサプリメントがとても役立ちます。

こちらに妊娠中でも飲める鉄分サプリメントを紹介しています。

 

まとめ

低出生体重児が続いたとしても、今回の妊娠でしっかりと対策をすれば元気な赤ちゃんが生まれる確立はぐんとアップします。

ただ小柄なママさんの場合はどうしても体型面で低出生体重児の確立が上がることはあるでしょう。

しかし、臨月までちゃんと育ってくれていれば病気のリスクもほとんどありません。

自分の最大限の努力の結晶

そう思えばいいだけです。

 

赤ちゃんが小さいからといって今後の成長が小さいままという心配も大丈夫です。

成長は今後の食生活と生活習慣のほうが大きく影響します。

-二人目妊娠出産

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.