妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

二人目妊娠出産

帝王切開後二人目は1年以上間を空けないと産まれる子に影響があるのですか?

投稿日:

 

帝王切開で出産した子が生後半年になります。

早く次の子が欲しいのですが、帝王切開は3年以上間を空けないと障害の子が生まれると友人から言われました。本当なのですか

私は骨盤が狭いので、次の出産もおそらく帝王切開になると思います。本当に3年以内は出産できないのでしょうか?

 

一般的には帝王切開で出産されたママさんが第二子を妊娠するなら1年以上間を空けましょう。

というのがよく言われる話です。

ですが、「おめでた」なんてことも少なくありません。

人によっては産後4ヶ月で妊娠なんてことも。

心配なのは「どんなリスクがあるの?」「早く妊娠した場合赤ちゃんに影響は?」あるのではないでしょうか。

先に結論から言うと、出産時の陣痛時に子宮破裂のリスクがあるというのがママの場合、赤ちゃんに関しては早かろうが特に影響はありません。

 

帝王切開で出産した場合なんで時間を空ける必要があるの?

帝王切開の次の妊娠分娩に注意が必要である理由は、子宮に手術による瘢痕があり、その部分に子宮壁の伸縮や陣痛による負担がかかるためです。

布を切ったあとのつなぎ目が切れやすいのを想像してみてください。

切開した部分が十分治っていれば良いのですが、何らかの原因で治りが良くない場合など、分娩時に陣痛のストレスで子宮破裂を起こすことがあります。

また、稀には妊娠中に瘢痕部の離開を起こすことがあります。

 

大抵の人が帝王切開後1年で子宮の状態は安定します

 

帝王切開後どのくらい時間がたてば妊娠分娩が可能かは前回の手術後の経過によります。

通常の帝王切開で術後に発熱や感染のトラブルがなければ切開後1年経過すれば妊娠することに問題はないと考えられます。

 

引越しをする場合医師に紹介状を書いてもらうと安心

帝王切開後早いうちの妊娠はリスクが伴います。

何らかの異常があった場合や、心配な点がある場合は帝王切開を受けた病院に相談なさるのが1番です。

手術を行った病院には手術時、術後の記録が残っており、それらを元に判断アドバイスができるからです。

やもおえず、前回とは違う病院で次のお子さんを出産する場合できれば前医で前回の経過を紹介状として相手もらうと参考になり、より良い管理ができます。

 

先輩ママはどれくらいの期間を空けて二人目妊娠しているの?

 

先輩ママの話を聞くと、だいたい早くても1年以上から3年の間というのが多かったです。

ママの安全を考えると1年以上は間を空けた方がいいでしょう。

 

もし帝王切開で出産しても1年未満で妊娠してしまったら?

場合によっては帝王切開で出産されて、1年未満で妊娠してしまったという人も少なくありません。

「もしかして危険かも?」と思ってしまいますよね。

実際子宮の治りが悪いと、出産時(陣痛)で子宮破裂のリスクがあります。

たしかに、普通の妊娠、出産に比べて危険性は高くなるのは間違いありません。

だからといって絶対に出産できないというわけではありません。

前回以上に定期健診や生活習慣に気を配り、ママにもお腹の赤ちゃんにも優しい生活を心がけるようにしましょう。

 

もし帝王切開で出産しても1年未満で出産した赤ちゃんは何らかの先天性疾患はあるの?

 

赤ちゃんの発育には問題ないとされています。

問題があるのはママさんの子宮破裂のリスクが高まるということで、帝王切開1年未満だからといってなんらかの障害が出るということは今のところ科学的根拠も報告もありません。

 

一人目の妊娠出産より気を配った妊娠生活を心がけましょう

一人目を生んで、前回よりも妊娠生活のノウハウがあるため多少気は楽かもしれません。

しかし、1年未満の妊娠は一人目よりも気をくばった妊娠生活をおくるようにしましょう。

特に、食生活とストレスには注意。

ストレスの影響

 

赤ちゃんの成長もですが、ママの体調に大きく影響します。

過剰なストレスは、血流を滞らせ、子宮の冷えに繋がります。

一人目の育児もまだ大変な時期ですが、なるべくリラックスできるような環境を作りましょう。

 

食事面の影響

 

また食事面でもビタミン、ミネラル、たんぱく質、鉄分、亜鉛、葉酸といった栄養素を摂り子宮にたっぷりと栄養を与えてあげるように。

血流を良くするということは、帝王切開でできた傷を早く治療するために必要なこと。

  • 毎日モロヘイヤ、小松菜、ほうれん草といった栄養豊富な緑黄色野菜
  • レバー、赤身肉、青魚といった上質なたんぱく質と鉄分
  • 海藻類、納豆、ヨーグルトといったミネラルや食物繊維

など毎日欠かさず摂取することをおすすめします。

しかし、体によい食生活を毎日送り続けるのは正直難しいですよね。

特に一人目の育児も重なり、ホルモンバランスも安定しません。

ずっと体調が悪くて一日中寝たきりなんてこともあるでしょう。

食べられなかったとき

「栄養不足になって子宮も赤ちゃんも大丈夫かな…」

と心配して余計にストレスをためて不安のループが続くことも。

 

そんな時こそ、簡単に栄養チャージできるサプリメントが手元にあるととても心強いです。

正直うどんくらいしか食べられないという日が続くこともあります。

真夏で夏バテとつわりが重なり地獄を見ました。

そんな時に飲み始めたのが青汁です。

 

必要なビタミンやミネラル、乳酸菌がしっかりと簡単に摂れるので食欲が無いときでも安心です。

一人目のときも食欲が無いときが続いて、出がらしのような状態になった経験があります。

ですが二人目のときは青汁パワーがとても良く、鎖で繋がれたような重い体がフワっと軽くなれたんです。

必要な栄養素をしっかり摂るというのはこれだけ体調が違うんだと実感しました。

実際青汁を飲んでから体調も良くなり、帝王切開1年未満の妊娠でも無事元気な赤ちゃんを出産でき、母子ともに健康そのものです。

こちらの青汁は無添加、乳酸菌、食物繊維がダントツに他のメーカーに比べて多く、特に貧血⇒鉄剤⇒便秘という悪循環を断ち切ってくれました。

とにかく妊娠中でも体が軽くなるのを実感できますよ。

体調面や食事面で多少の不安があるなら心の支えにもなりますよ。

 

まとめ

 

授かった命です。

怖いと思う気持ちはありますが、あまり不安にならないこと。

不安や心配は体を強張らせ子宮や赤ちゃんの成長に影響してしまいます。

「ちょっと早かったからしっかり自分の体調管理しなきゃね」

という気持ちでいきましょう。

ちょっとでも心配な事、体調面の変化に気を配りなるべく早く医師に相談できる、入院できるようにするとよいでしょう。

一人目の育児もあり大変だとは思いますが、年が近いと後々の育児も楽ですから、ドンと構えて妊娠生活に挑みましょう。

-二人目妊娠出産

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.