妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

赤ちゃんの状態

高年齢で妊娠した場合胎児の出生前診断を受けた方が良いのですか?

投稿日:

2年前に長男を出産し、そろそろ2人目が欲しいと考えていますが、今年で35歳になります。

1人目の時は全く気にしませんでしたが、最近テレビや雑誌で高齢妊娠の人は赤ちゃんの異常を調べる血液検査や羊水検査が必要という報道を見ました。

私の場合、もし2人目を妊娠したら検査を受けた方が良いのでしょうか?

検査方法についても教えてください

 

これから生まれてくる赤ちゃんが自分のせいで不幸になってしまうのであれば

「産まないほうがいい」

「せっかく授かった命だからどんな境遇でも産むべき」

この点に関してはとてもデリケートな部分だし、人それぞれとらえかたも違います。

倫理面について割愛して、出生前検診を行うことは安心と自信を得ることができる

このメリットに尽きるのではないでしょうか。

個人的にはやれるのであればやったほうがいいです。

 

現実問題障害を持つお子さんを高齢出産で産んだママさんの苦労は本当に大変です。

常に付きっ切り、夫婦仲も悪くなる、子の将来に常に不安や心配におびえる

世間の目も「大変ですね」といいつつ手を差し伸べるようなこともありません。

綺麗事無しにやっぱり自分の子供には健康に産まれてきて欲しいと思うのが親心ではないでしょうか。

出生前検診についてのアドバイスや心構えについてアドバイスします。

 

妊娠前出生検査ブームの背景

妊娠中に胎児の異常の有無をチェックする出征前診断は最近テレビなどで取り上げられるようになりました。

一般の方に広まりつつ、こっちの検査はもともと1960年代の終わり頃から1人目のお子さんがダウン症だったり、

カップルのいずれかが染色体異常の保因者(外見的には異常はないが、一定の確率で染色体異常児を妊娠する可能性のある素因を持つ者)

であるために不安から出産を諦めていた場合に、

そのカップルが安心して健康なお子さんを持てるようにとの目的で研究された検査方法でした。

 

従って、初期はごく限られた方を対象とした検査であったのが、

時間が経つにつれ母体の年齢と共にダウン症の確率が高くなることが広く知られるようになったことと、

晩婚化傾向から、高齢妊娠の割合が増加したため特に染色体異常の既往のない方が

単に35歳以上だからという理由で検査を希望されるようになってきたのです。

(実際35歳になると染色体異常が多くなる)

 

最近、一部で35歳以上で妊娠したら検査を受けるのが当たり前のような表現すら見聞きすることがあります。

まず検査には次のような問題点があることを十分に理解してください。

 

出生前検診の問題点

出生前診断には異常時を選別するという考え方との区別がつきにくい面があり、

  • 倫理的に解決が難しく、個人の価値観や人生感と密接な関わりがある
  • 羊水検査では胎児の上の全てが分かるわけではなく、ダウン症などの染色体の数の異常だけしか分からない。
  • 染色体の異常に寄らない他の異常はわからない
  • 羊水検査の場合、お腹に針をさして羊水を抜いて行うので、約300分の1の確率で破水、感染、流産の可能性がある
  • 血液検査の場合結果は確率で示されるので正常か異常かについても確定診断はできない

 

このようなことから検査を受けるかどうかは担当医ではなく、あくまでカップルの自由な意思で決めることが大切です。

染色体の異常が見られないのが判明したとしても、妊娠中の生活環境やストレス、病気によってそのリスクは増えることは変わりません。

 

出生前の検査を行う場合の心構え

「元気な子供を産みたい」

結局それだけが望みですよね。

母親なら普通そう考えるべきです。

リスクを減らすためにやるべきことをやる、それは愛ともいえることですから周りからどういわれても気に病む必要はありません。

 

着床前診断の方法や費用

精子と卵子が結びつく前に診断をする方法です。

体外受精における着床前の受精卵の段階で、染色体や遺伝子に異常がないかどうか検査をすることをいいます。

この方法であれば「倫理的な問題」はありません。

 

但し、着床前診断は、誰にでも受けられるものではありません。

「ちょっと着床前診断お願いします」

という気軽にできる診断ではないのです。条件はと特定の病気の場合のみ

現在、日本では日本産科婦人科学会の指針のもと

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー
  • 筋強直性ジストロフィー
  • Leigh脳症
  • ミトコンドリア病

などといった重い遺伝性疾患を持つ人を対象としています。

例えば元々先天性のこれらの障害を持つ旦那と結婚して子供を授かりたい場合は検査が受けられるということです。

一般的に障害が無い夫婦同士の場合は認められません。

 

但し、一般の方でも着床前診断はできますが、当然のことながら保険適応外

高額な費用が掛かります。

一般的におおよそ国内では100万円は必要とといわれています。

着床前診断による男女の産み分けを海外で行う場合、アメリカでは滞在費も含めて約400~500万円かかるといわれています。

 

ただ、採卵が一回増えるごとに2回目からも70万円弱がかかり、さらに移植代は入っていないので、別途かかります。

 

NIPT(母体血胎児染色体検査)の検査方法や費用について

母体の血液の中に含まれている胎児のDNAを検出し、

染色体の数が正常であるかどうかを調べます。

対象期間は、妊娠10週~22週となっています。

羊水検査と違い、ママさんの血液のみ採取なので破水の心配が無いのが特徴。

一般的には着床前診断同様に条件がありますが、妊娠10週から、年齢制限無しで検査を行ってくれる医院もあります。

当然保険適応外、費用も割高で約20万円となっています。

 

羊水検査の検査方法や費用について

妊娠15~16週以降妊婦さんのおへその下あたりに細い針を刺し、約20mlの羊水を採取します。

検査費用は病院によって違いますが、10~20万円程度が相場です。

羊水検査の前に問診や母体血清マーカーテストなどがあるためプラス2~3万円は掛かるでしょう。

 

他に病院にバレないの?

掛かりつけの産婦人科に出生前検査バレるんじゃ?

という心配もありますが、プライバシーの保護はしっかりしていますので出生前検診に違う病院に行ったこを電子カルテでばれるということはありません。

当然出生前検診をしたということを主治医に言う必要はないです。

 

羊水検査は別の病院で

検査と出産する場所は別々にしていおいたほうがいいです。

あくまで出生前に赤ちゃんがちゃんと育っているかどうかの検査してもらう場所

そう割り切って考えるようにしましょう。

出産は掛かりつけの産婦人科でというほうが後々トラブルも無く出産できます。

 

まとめ

また年齢やこれまでの妊娠出産できなと人によって事情は大きく異なります。

あらかじめ一般的な検査の方法行きリスクについて十分説明を受け、

あなたにとってはこの検査がどういう意味を持つのか理解した上でお決めになると良いでしょう。

 

ただし、出生前検診は自費負担が大きいのでそれなりの費用が掛かります。

それは覚悟しておくようにしましょう。

ただ医師から「何も異常ないですね」

と言われるのは心につながれた鎖が解かれたような安堵に包まれます。

「頑張って赤ちゃん産まなきゃ!」と希望の光に包まれるような感じですね。

人とは少し違うかもしれませんが子を守る愛には変わりません。

あなたが良いと思ったことであれば私は背中を押します。

-赤ちゃんの状態

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.