妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

体調

朝起きたら身体が鉛のように重い毎日をガバっと元気に起きれるための睡眠改善方法

投稿日:

朝起きたら「ベッドと身体が一体化したかのように身体が重い」

という毎日最悪の目覚めが続いていませんか?

「やっぱりトシなんでしょうか朝が一番疲れている」

ある程度年齢を取ると

「あーあるある」

と同じ経験をされている人が少なくありません。

 

昼位になるとやっと身体と脳が動く感じじゃないでしょうか。

夕方から夜が一番元気なんてことも。

ただ、朝一番から元気に起きて

「やらなきゃいけない事」

が済む方がいいですよね。

 

家事とか仕事とかも早いうちに終わらせた方がその後の時間は自分の時間として有効活用できます。

夕方にヨガに通ってみて自分の時間を作ってみたり

いつもよりこだわった夕食でみんなから「美味しい」と笑顔をもらったり

新しい資格取得のために勉強をする

なんてこともできるでしょう。

 

朝身体が鉛のように重く感じるのは、睡眠の質を改善することによって元気な朝を迎えることができます。

ポイントは血流と自律神経です。

これで私は朝人間になり面倒臭いことは午前中で過ごし午後は自分の時間に費やせることができ自分の人生を50パーセントは向上させることができました。

関連記事:朝身体が鉛のように重くて動けない解消できる食べ物、栄養素

 

朝体が重い睡眠改善法 風呂

入浴

夜の入浴は一日の疲れた身体を癒してくれる最高の設備です。

「汚れだけ落とすからシャワーでいいじゃん」

と思うのは若いうちだけ。

 

仕事や家事育児で身体の特定の部分だけ力が入ってカチカチになっています。

それをお風呂の暖かいお湯の効果によってほぐしてくれます。

毛細血管もあたためられ発汗、血流改善などの効果も。

 

また、湯上りの体温の低下によって自律神経も交感神経から副交感神経に変わります。

つまりは上質な睡眠を得ることができるということです。

夏場はどうしても面倒だし、湯上りは汗が出るから嫌と思いますが夏場でも入浴はおススメします。

身体の表面は暑いのに深部は冷えて自律神経が高ぶりがちになっていることもあります。

 

朝体が重い睡眠改善法 寝具

寝具

マットレスや掛け布団、毛布など。

ちょっと違うだけでも全然眠りの質は変わってきます。

私事ですが、掛け布団が古くなったので買い替えることにしました。

ちょっと奮発して羽毛のものに。

軽くて暖かくて感動しましたね。

翌日の睡眠がすっごい深かったのに感動しました。

「うわー寝たなぁ!」って

人によって今の寝具が相性が悪いのかもしません。

特にマットレスや掛け布団によって睡眠の質が向上することも少なくありません。

 

朝体が重い睡眠改善法 寝室環境

寝室環境によって寝つきは変わってきます。

ビジネスホテルに泊まったことがある方は経験されてるかもしれませんが

「妙に暑いし乾燥している」

泊まったら喉が痛くて寝つきも悪かったなんてこと。

 

温度20度、湿度50パーセントくらいが丁度いい寝室の環境ですかね。

夏場ならクーラーや除湿機、サーキュレーターで

冬場ならエアコンと加湿器で

寝室の環境を適切にするだけでも寝つきが良くなりますよ。

 

朝体が重い睡眠改善法 寝る前のスマホ禁止

ベッドでついつい触ってしまうスマートフォンですがこれが睡眠の質を大きく悪くしています。

自分も気をつけていますが、ついついSNSやニュース、アプリに夢中になってしまいますね。

寝つきは悪いわ、夢見は悪いは、朝の目覚めは最悪だわの三拍子。

ふマートフォンのブルーライトをはじめ、SNSをみてたら交感神経も高ぶります。

せめて睡眠1時間前にはスマートフォンを触るのはやめるのがいいですよ。

寝る前手持ち無沙汰なら読書がおすすめです。

 

朝体が重い睡眠改善法 体温上昇

体温が35度前半で睡眠を取ると身体がこわばり自律神経も交感神経に高ぶりがち。

体温を一度上げることによって自律神経も副交感神経に切り替わりやすくなります。

夕食は身体を温める食事がおススメ。

特に生姜を使った料理は身体の芯から温めてくれるのでおすすめです。

 

朝体が重い睡眠改善法 ストレッチ

瞑想

お風呂に入る前でもあとでもいいので、軽くストレッチをしてみましょう。

全身の滞った血液を流しやすくしてくれます。

10分くらい、肩周りと太もも周り、ふくらはぎなど。

痛気持ちいくらいのストレッチで身体が弛緩してリラックス効果が高くなりますよ。

 

朝体が重い睡眠改善法 音、光の遮断

耳栓

光や音は睡眠中のコンディションに大きな影響を与えます。

遠くから聞こえる電車が通り過ぎるような一定の音であれば割りかし慣れてしまいますが

不規則な音や光は寝ていてもストレスを受けてしまいます。

例えば、スマートフォンの着信時の光

時計の音、冷蔵庫のモーター音、上の階の人の生活音など

なるべくこれらを遮断して睡眠できるようにするとしっかりと眠ることができます。

「いきなり環境を変えるのはハードすぎる」

たしかにそうですよね。

引っ越せなんていってもそうそうできるもんじゃありません。

おススメの方法はアイマスクと耳栓です。

 

私もこれやっていますが、明らかに「深く快適な睡眠をえることができた」アイテムです。

特に耳栓はおススメです。

音を遮断するだけでこんなにも深く快適に眠れるんだとびっくりするくらいです。

おすすめな耳栓はシリコンタイプのやつです。

こちら。

この耳栓の特徴は、スポンジタイプの耳栓と違い、粘土状態で自分の耳の形状に合わせることができるということ。

ですからしっかりと防音。

 

フィットをちゃんとしてくれるのでスポンジタイプのように途中で耳が痛くなることもありません。

「これじゃ目覚まし聞こえないんじゃないのさすがに平日は無理かも」

これ心配でしたが、完全な防音というわけではありません。

個人的な遮断する音というのがいわゆる「低音」ですね。

ボーとかゴーとか低い音程は遮断してくれる感じ。

例えば、遠くの車の音、いびき、時計のカチカチする音、モーター音などです。

これらの不快な音はほとんど聞こえません。

 

逆に、赤ちゃんの泣き声や携帯のアラームなどの高音を発する音は耳栓をしても拾えることができます。

要はストレスを感じる音を遮断してくれるということ。

数百円の出費で数万円の価値がある買い物をしたと思ったくらい感動しました。

この耳栓は、何度も再利用できます。

使っていくとだんだん黒くなっていくのでその時は捨てどきですね。

スパが好きですが、いびきがうるさい人もいる中この耳栓を常備すれば自分だけの最高の環境を手にいれることができます。

 

朝体が重い睡眠改善法 鉄分サプリメント

鉄分

自律神経のオンオフを切り替えるために重要なポイントはホルモンバランスの正常化。

さあ寝ようかなぁと思う時は必ず脳からメラトニンという睡眠誘発ホルモンが分泌されます。

このセロトニンの分泌をじゃましているのが慢性的な鉄分不足。

鉄分不足によって脳に行き渡る酸素が行きわたる量が低下します。

 

そうなるとホルモン分泌を促す効果が低下してしまい、いつまでたっても自律神経が高ぶったままになってしまいます。

睡眠中は呼吸が浅くなるため、さらに脳に行き渡る酸素量も低下。

そうなると寝ても寝ても気が休まらず朝から身体が重くなってしまいます。

「眠いのに夜中3時位に起きて寝ることができないんです」

そんな悩みの人も鉄分不足を疑ったほうがいいかもしれません。

気を休める、ちゃんと自律神経の副交感神経を刺激するためにもしっかりとした鉄分摂取は必要になります。

こちらに鉄分が含まれる食品について紹介しています。

 

ただ、普段の食生活では日本人は特に鉄分不足になりがちです。

「ちょっと忙しいからお弁当や外食でいいや。」

そんな日が続くとすぐに鉄分不足になることも少なくありません。

だからといって仕事の量を減らすのも難しいですよね。

働かざるもの食うべからずですから。

そんな時こそ簡単に安く、安定的にとれる鉄分サプリメントがおすすめです。

こちらに妊娠中の女性でも飲める位安全かつ効果が高い鉄分サプリメントを紹介しています。

 

毎日鉄分を摂取することによってびっくりするくらい朝が楽になり

朝に必要な仕事を全てこなし、昼は雑務、夕方行こうは自分の時間に

美味しい料理を楽しむこともできますよ。

 

まとめ

 

朝身体が鉛のように重いのは睡眠の質が悪いから。

それはストレスや運動不足、栄養の偏りによるものでしょう。

年齢を重ねるとどうしても体力が落ちます。

外部環境や自分の体調に左右されがち。

ですから、いかに睡眠の質を高めるか工夫が必要です。

 

今回の方法を行えば、びっくりするくらい深い眠りと気持ちの良い朝を迎えることができます。

朝気持ちの良い目覚めができたなら、朝ちょっと散歩されてみるといいですよ。

「こんなにも気持ちよくて一日が長いんだ」

と感じることができるでしょう。

-体調

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.