妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

体調

朝身体が鉛のように重くて動けない解消できる食べ物、栄養素

投稿日:

朝目覚めると「体とベッドが一体化しかのように重い」ということありませんか?

「朝が一番疲れがくる」

なんて人もいます。

実は私もそうでした。

 

体調が戻るまで昼過ぎくらいまでかかり、夕方やっと本領発揮。

そして1日が終わってしまい

「もう1日が終わってしまった1年なんて早いなぁ」

なんて、1日に使える時間が短くなるのは人生損してしまっています。

 

そんな朝鉛のように重い体がシャキッと羽が生えたかのように起きれる食べ物栄養素があるのを知っていますか?

食生活をちょっと変えれば朝から元気に、人生に使える時間が2割は増えます。

6時から9時で重要なことが終わって夕方は自分のための時間で趣味や資格取得もできますよ。

関連記事:朝起きたら身体が鉛のように重い毎日をガバっと元気に起きれるための睡眠改善方法

 

タンパク質(肉類)

身体をつくためのタンパク質、糖質や脂質をエネルギーに変えるために必要な栄養素ビタミンB群

これらが不足するとエネルギーが作られないため朝からエネルギー不足で身体が重く感じられます。

 

ダイエットや食生活において野菜中心の方が身体に優しいと思いがちですよね。

「野菜いっぱいのサラダを食べると身体が浄化される感じ」

たしかに野菜をたくさん食べたあとは妙に清々しい感じや体調が軽くなることもあります。

 

しかし、人間の60パーセントはタンパク質で作られています。

野菜中心の食事では完全に栄養不足。

言ってしまえば野菜は

「身体を整えるための食品」

であって身体を作る食品としては不向きです。

「馬や牛は草食だけどあんあに身体が大きいじゃないの?」

それは草でも筋肉を作られるよう胃腸、腸内環境がそのように進化したからです。

実際牛や馬の腸はすごい長いんですよ。

 

人間は雑食です。

肉を避けて野菜だけというのは、栄養不足になりがちです。

普段の食事においてもタンパク質の割合を増やしてみましょう。

いまのあなたの体重例えば50kgなら50gのタンパク質はとるようにする。

これだけでもびっくりするほど身体が楽になれます。

 

タンパク質の摂り方は、卵料理を一品追加する。

お肉の量を増やす、ご飯や麺、パン類を減らしてその分肉を食べる。

というように。

 

おススメは卵でしょうね。

安い、おいしい、栄養豊富

食物繊維以外全ての栄養素が入った完全栄養食。

昔は卵を一日二つ以上食べるとコレステロールが上がるから危険

なんて言われていましたがそれは間違った見解でした。

今ではアレルギーでなければ積極的にたべましょうと言われるくらいです。

「タンパク質は重要なのはわかったけどやっぱり太るのは‥」

そんな方はプロテインでも問題ないので補うようにしましょう。

 

お酢(クエン酸)

お酢

食生活やストレスによって身体は酸性に傾くことがあります。

本来人間は体内は弱アルカリ性に保たれています。

これが酸性に傾くといわゆる「サビ」。

自転車でも錆びてしまうとキーキー音がして動きが重くなりますよね。

これが自身の体内でも起こっているのです。

 

この酸性に偏った身体を戻すにはお酢に含まれるクエン酸によって体内を中和してあげましょう。

毎日お酢を大さじ1杯以上水で割って飲む。

たったこれだけでも朝の重たさが改善されることがあります。

お酢は家にある安いお酢で大丈夫。

飲みにくいなら専門の飲むお酢も販売されていますので自分にあったお酢を選んでみましょう。

 

鉄分

レバー

鉄分不足によっておこる症状は様々ありますが

その一つに身体が鉛にように重くなるという症状があげられます。

「鉄分不足って貧血でめまいだけじゃ?」

以外と見落としがちなんですが、鉄分不足があなたの朝の快適な起床を邪魔しています。

 

人間にとって鉄分は身体に酸素を運ぶために必要な成分。

不足してしまうと身体全体が酸素不足におちいってしまいます。

例えばプールで潜っているとだんだんと息苦しい状態になりますよね。

それは呼吸ができずに酸素が不足するから。

全力ダッシュをすると身体が一時的に動けなくなりますよね。

そこまでとはいきませんが、これが慢性的に身体で起こっています。

寝ている状態でマラソンを走っている状態。

それじゃいくら寝ても身体は休まりません。

 

鉄分不足は精神面でも影響を及ぼします

  • なんか最近楽しいと感じない
  • 不安ばかり先行していつもネガティブなことばかり考える
  • 毎日虫のいどころが悪くイライラする
  • 自分は不幸な存在だと思えている

 

そんな症状も続いているのであればそれは鉄分不足によるものかもしれません。

鉄分不足は身体を重くする以外にも精神面にも影響を及ぼします。

それは脳の酸素供給が低下してしまうから。

 

脳は大量の酸素が必要とされます。

事故を起こしても必ず人工呼吸をするのは脳に酸素を供給するためですよね。

そんな酸素が大量に必要な機関に鉄分不足によって酸素供給が減るとどうなるか

それは上で書いたような症状が起きてしまいます。

特にホルモン分泌の司令が滞るため気持ちが安定しなくなります。

そうなると自律神経の切り替えができなくなりいつも気が張り休んだ気になれなくなります。

気が張ればそれだけ酸素が必要となりさらに体調を悪化させます。

 

鉄分を多く含む食べ物

 

「気だるい、重い」

睡眠によって本来であれば身体や心を休める時間ですが、
鉄分不足によって休もうにも身体に供給できる酸素不足によって朝身体が重くなっています。

ただこの症状も鉄分を補えば、血のめぐりもよくなり、
朝の鉛のような重さをびっくりするくらい軽く起きれるようになります。

また鉄分を補給することによって血の回りが改善されると
脳に酸素が十分行き渡り、ホルモンバランスも安定し自分に余裕がでるようになるでしょう。

レバー

牛よりも豚や鶏の方が鉄分豊富です。

小松菜ひと束

茹でてお浸しにすれば量を食べることができます。

朝昼晩と付け合わせに

納豆プラス卵

卵にも納豆にも鉄分が含まれています。

ご飯を食べるなら納豆と卵はプラスしましょう。

プルーン

果物ではプルーンが鉄分豊富。

ドライプルーンをおやつがわりに食べるのはおススメ。

 

但し、これらの食べ物を毎日食べ続けるのは難しくありませんか?

「レバーは嫌いじゃないけど毎日はちょっと」

「おやつはからなずプルーンって飽きるよねぇ」

せいぜい朝食に納豆と卵ならいいかもしれません。

ですが、忙しい日の朝食はパンでさっさと済ませたいという事もあります。

普段の食生活で鉄分の多い食事を心がけることは大切ですが

現実問題としてちゃんと定期的に食べられるかというのは少し考えなくてはいけません。

 

そんな時おススメなのが毎日簡単に、食事の改善が必要ないサプリメントがおすすめです。

以下に、妊娠中、授乳中のママさんでも安心して飲むことができる鉄分サプリメントを紹介しています。

鉄分をちゃんと身体に満たしてあげるとびっくりするくらい朝の目覚めが良くなります。

気持ちの良い朝日を浴びてウォーキングにチャレンジ!

朝から積極的に動けるので洗濯、炊事もパパッとこなして昼は自分の時間を有効に使えます。

「調子いいからヨガでも始めてみようかな!」

なんて気持ちも湧き上がるでしょう。

 

まとめ

朝身体が鉛のように重いという場合はこれらの食べ物を増やしてみましょう。

初日でも「あれ?なんか今日軽いなぁ」

と感じることができます。

朝すっきり起きて時間を有効的に使えると自分の人生の幅が広がります。

朝面倒な事をさっさと終わらせることができれば

夕方はヨガや資格取得の勉強、好きなドラマや映画を楽しむ時間が作れます。

寝てれば体調が良くなるというのは若い頃だけの話。

これからは「なんでそういう状態なのか」を客観視することも必要ですよ。

-体調

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.