妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

体調

育児中の立ちくらみめまいが1日でも早く楽になるたった1つの方法

投稿日:

育児をするようになってからめまいや立ちくらみに悩んでいませんか?

「急に目がチカチカして一瞬真っ白に」

「くらっとすると力が抜けてもうヘトヘト」

育児ってこんなにしんどいの?もう休むだけで1日が終わって辛い。

そんな風に思ってしまいますよね。

自分の時間が体力回復だけで過ぎていくのは切ないです。

そんな育児中のめまいや立ちくらみは貧血が原因かもしれません。

(正確には貧血といっても血が作られていない、もしくは血流が悪くなっているなどありますが、それをひっくるめて貧血とここではしておきます。)

 

生理や母乳育児と女性は常に血液を失いがち。

また食生活によっても血液が造られない場合も少なくありません。

しかし、貧血を改善すれば

立ちくらみもなくなり、めまいもなくなります。

夕方くらいにヘトヘトになっていた体力も、夕方以降のちょっとした時間

自分の趣味やリラックスタイムとして夜を楽しむことができますよ。

 

育児中のめまいや立ちくらみになる原因

母乳育児

赤ちゃんに母乳をあげていると1日約500ml。

母乳は血液とたんぱく質といってもよい成分でしょう。

毎日母乳をあげればそれだけ血液も失うといこと。

 

生理

母乳育児が終わっても、今度は月経が再開します。

生理によっても血液は失われ、さらに育児や家事、仕事などハードワークに。

 

食生活

朝はパン、昼はパスタ、夜はカレー

こんな食生活を送っていては鉄分が十分に補いきれません。

最近の野菜は水耕栽培のものも多く土に含まれるミネラルも少なくなっています。

腹は膨れても栄養価が少ない食事が多いのも原因に一つです。

 

血液の循環が悪くなる(貧血)となると難聴や冷え、精神的に弱くなる

など貧血とは一見関係ないような症状も酷くなります。

しかし貧血を改善してしまえばこれらの症状も改善することが多いのです。

 

育児中の立ちくらみめまいが酷い場合は病院に行き鉄剤を処方してもらう

処方

症状が酷い場合は、掛かりつけの婦人科に行き鉄剤を処方してもらいましょう。

鉄剤のメリットは、薬とうたうだけあり即効性があるということ。

飲んだら、健康診断上問題ない値まで改善してくれます。

しかし、便を硬く黒くするため便秘や痔のリスク。

また、慢性的な貧血を改善する効果はありません。

血液を造るのは食事以外ありませんから、あくまで症状を一時的に緩和する。

という目的で使用しましょう。

 

育児中の立ちくらみめまいにおすすめ料理の手間が面倒ならレバーのお惣菜

お惣菜

最近では1人暮らしのお年寄りのために用意された小分けタイプも多く販売しています。

料理はできれば自炊された方がいいでしょうがそうもいかないときもありますよね。

そんな時はお惣菜コーナーでレバーを買いましょう。

鶏レバーの甘辛煮や、焼き鳥のレバー、豚レバーカツなど。

レバーはそのままだと舌触りは風味が特徴的で苦手な人も多いはず。

スーパーのお惣菜は割りと美味しく調理されていますよ。

簡単に食べれて豊富な鉄分が摂取できるのでおすすめです。

 

育児中の立ちくらみめまい対策に鉄分入りのオヤツを食べる

忙しい育児を乗り切るためにも心と体を癒してくれるおやつは大切ですよね。

ちょっとした一息にオヤツを挟むだけでも

「よし頑張ろう!」

と思いますよね。

食べ過ぎはよくありませんが、適量オヤツを食べると気持ちや体が楽になれます。

そんなオヤツタイムに鉄分が多く含まれたものを食べると

リラックスと鉄分、そして元気を同時に得ることがdけいます。

  • Feプラス 鉄分配合ウエハース
  • イカカオ プラスCa・Fe ウエハース
  • 鉄プラスコラーゲンウエハース
  • 明治 果汁グミおいしく鉄分プルーン
  • 果汁グミ 鉄分 グレープフルーツ
  • 日清シスコ 1日分の鉄分 玄米フレーク
  • 毎日果実
  • SOYYOU プルーンFeプラス

などなど、貧血を予防したいという人は多いんでしょうね。

これらのオヤツを活用して立ちくらみやめまいを予防していきましょう。

amazon貧血お菓子まとめ

 

育児中の立ちくらみめまいをなくして毎日元気でいるなら鉄分サプリ

鉄分をしっかりと補うのは食生活を一から見直す必要があります。

とはいっても料理する日も無いときや、出来合いで終わらせたい日もあるでしょう。

そんな時は鉄分サプリがあるととても心強いです。

鉄分サプリメントは、病院で処方される鉄剤と違い便が硬くなりにくい。

そして安く、じんわりとゆっくり効果が得られます。

朝食後に鉄分サプリメントを飲むだけ。

これだけで、数日もすれば夕方からくるめまいや酷い疲れ、立ちくらみもぐんと減っていきますよ。

 

私の場合夕方くらいにめまいが酷くクタクタでした。

しかし鉄分サプリメントを飲んでから

「あれ?まだ元気に動ける!すごい!」

いつもは夜クタクタてふらふらで横になる時間ばかり無常に流れていました。

しかし鉄分サプリを摂ってからは、毎日好きなドラマや読書ができる余裕が。

子供たちと遊びに行きたいなというワクワクも自然と生まれるように。

そんな鉄分サプリメントのおすすめはこちらにまとめています。

>>おすすめ貧血サプリメント9種

 

まとめ

育児の立ちくらみやめまいは血液が足りていない。

いわゆる貧血が原因のことが多いです。

育児の疲労も血液を滞らせ、体内が酸素不足になる場合もすくなくありません。

ですから夕方頃にガクンとめまいや立ちくらみが。

そうならないためにも体に酸素をしっかり循環の鍵である鉄分をしっかり摂りましょう。

1週間しっかりと鉄分を意識した食事をすれば、「あれなんか今日は軽い」と感じられるように。

血液が完全に入れ替わるのは4ヶ月といわれていますから、毎日継続して鉄分を摂取してみましょう。

そうすれば育児も家事もてきぱきと楽しくできるようになれます。

-体調

Copyright© 子育て歩み , 2019 AllRights Reserved.