妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

ストレス

育児ノイローゼになりやすい人の特徴はよくある性格から。初期症状や対策は?

投稿日:2017年12月5日 更新日:

2歳の子供を育てていた頃、いままでの人生において「こんなに自分が嫌いになった」と思うことはありませんでした。

 

  • 精神的に追い詰められていて、切迫感が強い…
  • 閉じ込められたような気分。
  • 逃げ場がない、寝ても疲れが取れない。
  • あんなにカワイイと思っていた子にもきつくあたるようになった

当時はこのような肉体と精神状態でした。

自分だけなんでこんな辛い状況なんだ、涙が止まりませんでした。

今思えばこの状態は「育児ノイローゼ」の典型的な症状だったわけです。

 

このような自分に余裕が全く無い状態になってしまう育児ノイローゼ、どんな人がなりやすいのでしょうか。

  • 育児ノイローゼの初期症状
  • 育児ノイローゼの症状
  • 育児ノイローゼになりやすい人の性格や特徴
  • 育児ノイローゼになってしまった場合の解決方法

について紹介します。

少しでも心の霧が晴れれば参考にして下さい。

 

育児ノイローゼとはどのような症状なの?

 

知らず知らずのうちに育児やその他のストレスをためてしまい心の余裕が無くなった。

または折れてしまった状態をいいます。

その症状は人によって様々ですが、こんな症状が多くあれば育児ノイローゼを疑ってください。

育児ノイローゼの症状

  • ちょっとしたこと「旦那に料理なにがいい?」「なんでもいいよー」の返事にイライラしすぎるキレてしまう
  • 全部投げ出して消えてしまいたいと考えることが多い
  • なんでも完璧にこなさないといけないと脅迫にもにた考えがある
  • 今まで楽しんでいたことが楽しくない興味がわかない
  • 人と会って会話することが少ない
  • 望んで産んだ子供なのにかわいいと思えなくなった
  • 食欲が減った、もしくは過剰に食べるようになった
  • 涙が急に出て悲しくて仕方ない
  • 寝ようとしても寝つきが悪く夜中に目が覚めてしまう

 

などが上げられます。

健康上問題ないため、何が悪いのかわからない状態が余計にストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

症状の進行によってはうつ病にも進展しかねない危うい状態なのは間違いありません。

 

不眠が続く場合は早めに診察を行うようにしましょう

育児ノイローゼの症状をひどくしてしまう最大の要因は「不眠」です。

睡眠は心を整え、身体の機能を修復する大切な行為です。

もし2週間以上睡眠の時間が確保できているのに

  • 寝ようと思っても寝付くことができない
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 寝てもすぐに目が覚めてしまう
  • 寝ても寝ても疲れが取れずずっと横になっている

このような症状が続く場合は1日でも早く一度心療内科を受診してみましょう。

今のご時勢診療内科に行くのは全く恥ずかしくない事です。

 

ただし、心療内科はいい先生がいるクリニックでは診察まで2ヶ月待ちになる場合があります。

このような場合は、保健所の保健師さんや、かかりつけの小児科で相談してみるのも一つです。

 

人の心はゴム紐のようなもので伸びきればいずれは切れてしまう

人間の心はゴム紐のようなちょっと余裕が無いと生きていけません。

ある程度のストレスによってゴムが引っ張られても張力によって耐えることができます。

1人の時間や趣味で今まではそれでゴムを緩めることができました。

 

しかし、常に子供がいる状態にさらに家事、仕事もあるでしょう。

ゴムを緩める暇もなく常に引っ張られる状態。

もしくは切れそうな状態です。

こんな精神状態をずっと続けてしまうとうつ病の危険性も。

いかに今からでもできる育児ノイローゼが楽になる方法を紹介します。

 

育児ノイローゼになるかもしれない疲れチェック

育児ノイローゼは健康上病気としての症状がでない心の病です。

自分の小さな身体の気づきや変化によって現れるものです。

こちらのリンクにノイローゼになりやすい疲れの症状チェックリストを作りました。

8つ中3つ該当する場合、心が疲れている、ノイローゼのサインです。

関連記事:簡単疲れチェック8項目中3つ該当なら要注意自分の疲れを客観的に知りましょう

 

育児ノイローゼになりやすい人の性格や特徴

育児ノイローゼになりやすい人は大きく分けて2つのタイプが上げられます。

  • 神経症タイプ:心の不調が起こりやすい
  • 過剰適応タイプ:体の不調が起こりやすい

この二つのタイプを具体的な例を交えて紹介します。

 

育児ノイローゼは誰でもなる可能性があります

先に伝えておきますが、育児ノイローゼは誰もがなる可能性があります。

どんなに性格が大らかでストレスに強い、他の人から見ても「大らかで器が大きい」と思われる人でもなる症状です。

例えば、育児中に

  • 親が病気や事故にあった
  • 旦那がリストラにあい収入が無くなった
  • 転勤先の環境になじめない
  • 今住んでいる人づきあいが合わない

など外からのストレスによってもノイローゼになる場合があります。

「ノイローゼになるのは自分は弱いからだ」と決して思わないで下さい。

 

完璧主義・理想主義

何事も自分の計画通りにすまないと気になってしまう。

食器を洗った後は、所定の位置じゃないと気になる、○○時には買い物に行く。

旅行の計画や立案が好き。

漫画本がちゃんと巻数そろっていないと落ち着かない。

何事にも全力で手が抜けない

全てを完璧にこなそうとする

やると決めた掃除は必ずやるようにする、メイクはばっちりで買い物に行く、子供の勉強や遊びも全力で付き合う。

すべてを100パーセントで達成することに喜びや満足感を得られる。

人に弱みを見せるのが恥ずかしい

自分の理想が高く、人に自分の弱点を晒すのを極端に嫌がる。

そのため、必要以上に周りから良く見られようと努めることが多い。

産後もすぐに体型を戻すことができた、食事制限も理想のためならそこまで苦ではない

情緒不安定

流されるまま結婚して、子供ができて今に至る状態。

なんとなく今の自分が自分じゃないような地に足が着いていない感じ。

人の意見にただいわれるがまま答えていたが、育児によってそれもままならない。

融通がきかない頑固

自分はこうである!という理想があればそれを突き通す。

自分の育児はこうである

というはじめ高い理想を掲げたものの見事に打ち砕かれ、自分のプライドはボロボロ状態。

自己中心的、依存的

出産前は、自分の事中心に物事を決めれば通用できた。

しかし育児をする上で自分自信の中心から子供中心になってしまい、自分が出せなくなっている。

なにするにも我慢の連続でいままで無かった心理状態を体験中

強い恐怖心、極度の心配性

自分の子育ては正しいのだろうか、自分の子育て方針によって子供に悪い影響が出ないだろうか。

少しでも子供から目が離れると万が一なにかあるかもしれない…と極度に心配になってしまう。

育児中に目を離した時異物を誤飲してから気が気じゃなくなったということもあるでしょう。

 

必要以上に悲観的に考え、常に最悪を想定したがるタイプ、慎重派。

新しいことをチャレンジするのも躊躇しがちで保守的。

自分に自信が持てない

自分の育児が正しいのかという自信が未だに得られない状態。

SNSで同じ世代のママが完璧な育児をしているように見えて

「なんて自分はダメなんだもっと頑張らないと…」

ネット情報を見ても確固たる方法が見出せず、自分はダメな人間だと落ち込みがち。

頼れる人が少なく八方塞りの状態。

 

なんでも自分でやろうとする

長女に多く、できることは自分でやる、頼れるのは自分、逆に頼られがちで甘えるのが苦手。

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなきゃ」という親の呪いにもにた言葉にがんじがらめ。

人に頼る、頼られるという行動が苦手で自分で頑張らなきゃと極端に考えてしまっている。

人の目が気になる

家の中までも誰かに見られているような感じがして、心が落ち着かない。

本や雑誌に書いているような理想のママになろうと努力は惜しまない。

しかし理想と現実が離れすぎ、心も磨り減り限界な状態。

 

休み下手

何かしら予定や行動をしていないと落ち着かないタイプ。

1人になったり、じっとしているのが苦手。

ちょっと休めば体力も気力も回復するだろうと思っていても心と身体がついていっていない。

 

子育て以外にも悩みが多い

状況は様々で、シングルマザー、旦那がリストラにあって収入が無い、病気を持っている、両親の介護など。

すぐに解決できない、しかも人生において大きな影響をもたらす悩みが常に付きまとっている状態。

 

相談できる相手がいない

子供が小さい頃は、少しでもミスをしてしまったら命を落としかねない。

一切のミスは許されないというプレッシャーの日々に追われることとなるでしょう。

 

今ではネットの情報に翻弄され、どれがいいのか悪いのか結局判らない状態。

確固たる安心を得ることができません。

 

昔なら近所のおばちゃんに「マニュアルにない育児のノウハウ」や不安、心配事を気軽に話せていました。

そんな人の触れあいで「大丈夫よー安心しなー」というのが無くなったのも育児ノイローゼになりやすい原因です。

世間と孤立している

子供が3歳になる頃まで自分と子の二人で過ごすことが増えます。

その間の関わりが旦那と自分と子供だけ。

世間と隔離されている状態が続くと「じぶんはひとりしかいのか…」という大きな黒い穴のような空虚を感じます。

  • 頑張って育児をしていたとしても報われない感
  • なんで自分は頑張っているのに自分を押し殺して生きなきゃいけないんだという虚無感
  • 旦那も育児は当たり前これくらいできて当然という義務の押し付け

自分自身を認めてくれる存在がいなくなり、心が砕けるような感覚に陥ることもあります。

 

育児ノイローゼ対策1:考え方を変えてみる、笑顔でお子さんと向き合うことを優先、それ以外は適当に

 

育児ノイローゼになる人は基本的になんでも自分でやりきろうという生真面目な人が多いです。

全て自分なりに満足にこなさないと納得できないような性格。

「きついですよね。だから性格を変えましょう!」

ということはいいません。

ただ、育児によって

「自分ができることの容量限界」

ということを認めましょう。

 

いってしまえば「自分の限界」を認めるということです。

まだ若いなら自分の限界を認めるのは辛いかもしれません。

「まだまだ自分は頑張れる!体だって健康だし」

ただ精神的に既に影響が出ているは認めましょう。

 

人間常に全力で走るというのはできません。

せいぜい70%で余力を持ちながらやっていくことが重要です。

人生はマラソンだという言葉を良く聞くのではないでしょうか。

 

できないものはできない、明日に回すくらいの気持ちを持つのがいいかと。

先輩ママさんもそんなもので、いかにバレずに手を抜くかを四六時中考えてます。

  • 買い物に行くときのメイクはBBクリームと眉毛ですぐ終わらせたり。
  • 掃除はルンバにしてしまったり。
  • クリーニングは宅配で終わらせたり。

できそうなところで手を抜いて自分の時間を作ってみてください。

ポイントは笑顔でお子さんと向き合うこと。

これさえできてれば合格です。

 

育児ノイローゼ対策2:心療内科で適切な処方をしてもらう

 

心療内科の昔に比べて敷居が低くなりました。

育児ノイローゼーも

「今何が辛いかというのがわからない」

「脳にゼリーのような膜が覆われる」

なんてことも少なからずあります。

私もそうでした。

 

心療内科はそんな

「今何が辛いか」

という根本的な原因をカウンセリングで二人三脚で見つけ出してくれます。

その問題が解決するまで適切なお薬によってある程度緩和してくれます。

 

自分の悩みを聞いてもらう、客観的に悩みの根源を見つけてもらう、

問題が解決するまで投薬によって楽にしてもらう

気分が高ぶって仕方ない人もいるでしょう。

そういった方には過剰な興奮を抑えてくれるお薬もあるので相談されるのもよいでしょう。

心療内科は基本予約制となっているので、事前にホームページなどで確認をするようにする必要があります。

 

育児ノイローゼ対策3:呼吸を変える、瞑想、腹式呼吸

 

精神的に安定していないと呼吸は小さくなり浅くなります。

はぁはぁはぁと小さくなっていませんか?

呼吸は意識的にできる無意識動作。

呼吸を深くすることによって精神的な高ぶりを逆に抑えてくれる作用があります。

 

リラックスするときは大きく息を吸って吐きますよね。

これを意識してみましょう。

鼻から吸って鼻から出す。

鼻で大きく呼吸をするとお腹が凹むことがわかるはず。

これを意識して呼吸だけに集中してみましょう。

 

この呼吸方法は瞑想にも用いられており、精神状態を安定してくれる効果があります。

深い呼吸を繰り返すことによって、脳に酸素が沢山行き渡り

ホルモンバランスの分泌を促すことができます。

育児中はなかなか時間が取れませんが、授乳中、お風呂など

時間がゆっくりできるとき何も考えず深い呼吸を意識するだけでもよい変化があります。

 

こちらに不安な症状を解消する、心を落ち着けるための呼吸法についてまとめています。

関連記事:心を落ち着ける呼吸方法

 

育児ノイローゼ対策4:アロマ、ハーブ、読書、少しの時間でも一人になれる時間

 

一瞬でも育児をしているという考えから抜け出せる時間をもうけましょう。

脳には顕在意識と潜在意識と二つの意識があります。

顕在意識とは「子供がうるさい」「今日何食べよう」「旦那の帰りが最近遅い」など頭からポンポン出るもの。

 

潜在意識とは頭の中にある意識できない部分の意識。

ちょっとわかりづらいですね。

たとえていうなら、自動車の運転。

運転に慣れていない人は頭の中であれこれ考えますよね。

「アクセルはこれくらい踏み込んで」「ブレーキはこのタイミングで」「人がいたら減速しなきゃ」

と、頭はどっと疲れます。

初のドライブは相当疲れたのではないでしょうか。

しかし慣れてくると体に染み付ついて何も考えずに安全運転できます。

これが潜在意識。

 

この顕在意識というのが厄介で、

体は何もしていないのに疲れたり精神不安になったりしてしまいます。

スマートフォンのアプリが大量に立ち上がった状態で新しいアプリを立ち上げる感じでしょうか。

動作重くなりますよね。

これが今の状態。

この顕在意識を意図的にリセットするのが瞑想や、1人になる時間。

 

アロマやハーブ、読書など、一瞬でも育児と言う考えを頭から取り除くことができれば脳がリセットされます。

  • イライラしたとき無心で掃除するとなんか頭がスッキリした。
  • 草むしりしてたらいいストレス解消になった。

なんてことがありますがこの顕在意識のリセットができたからです。

お風呂でゆっくりとか、旦那に子供を預けてちょっとカフェで一休みくらいの

自分の時間をもつようにするといいですよ。

こちらにそんな無になれる時間を作ることができた先輩ママさんのアドバイスをまとめています。

関連記事:育児中のストレス解消方法20名のママから聞いたイライラした心が楽になる体験談

 

育児ノイローゼ対策5:鉄分サプリ

 

過剰に育児ノイローゼになってしまうのは産後育児で鉄分不足。

つまりは貧血や血流が悪くなってることがあります。

私もその1人で、貧血を改善したことによって産後育児の動悸や息切れが驚くほど改善しました。

鉄分は人間の体に必要な酸素を運ぶヘモグロビンとして働いてくれます。

 

鉄分が体内で不足すると、体に運ぶ酸素量が減りますよね。

そうなると脳に影響が強くでるわけです。

特にホルモン分泌が低下してしまいストレスにめっぽう弱くなるのです。

  • 気持ちをお付かせてくれるホルモンであるセロトニン
  • 幸せや達成感を感じるホルモンのドーパミン
  • やる気や競争心を感じるアドレナリン

これらの分泌が低下してしまうと育児ノイローゼになりやすいです。

 

逆に鉄分をしっかり補給して脳に酸素をちゃんといくようにしたら

びっくりするほど気持ちに余裕ができるのがわかりますよ。

脳にイライラすると受け止めてくれるクッションが付いた感じ。

育児ノイローゼで動悸や息切れがするならまずは鉄分補給してみましょう。

 

たったそれだけで育児の精神的な辛さのトンネルから抜け出し。

育児楽しい!子供カワイイ!と心から思えるようになれます。

そんな鉄分サプリメントは安全性も重要ですよね。

育児中は自分の体も心配しないと悲しむ人、心配する人も。

そんな安全で飲めて、毎日が楽しく育児ができる貧血改善鉄分サプリメントはこちらです。

朝食後に飲むだけ。

たったそれだけで悲しい、辛い、言われも無い不安の長い長いと感じる闇から抜け出すことができます。

悩む前に行動しましょう。

 

まとめ

動悸息切れはストレスが原因。

育児育児考えない時間も必要です。

十分母親、大切なのは笑顔で子供も接することあとは適当にやるか程度でいいです。

子供のためも重要ですが、あなたの人生はまだまだ続きます。

よい母親の理想は理想。現実はそうじゃありません。

今回紹介した方法を実践すれば心と体は楽になれます。

気持ちが楽になればしんどい育児も楽しくなれまずよ。

今は心と体に必要な栄養と休養を与えてあげましょう。

-ストレス

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.