妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

ストレス

育児中イライラ気分が安定しないストレスに強くなる5つの方法

投稿日:2017年12月7日 更新日:

子供を叱ることは、子供に善悪の価値をわからすために必要な行為です。

しかし、自分に都合が悪い虫の居所が悪くなると

マグマが噴出したかのようにガーっと怒ってしまうこと。

手を出さない方がいいのに出してしまう。

そんな自分の感情が抑えられず、自己嫌悪起こしてしまっていませんか?

自分に心に余裕を持たせ自分の理想のママになるためのイライラとの付き合い方を紹介します。

 

育児のイライラとは疲労やストレス

出産後に自分じゃないような育児のイライラの原因は肉体的、精神的なつかれによるものです。

例えば、精米機が心としたら大量に玄米というストレスや疲労が流れてきます。

普通ならゆっくりと精米し、安定します。

 

しかし大量の玄米(育児の疲労とストレス)が精米機に入ってしまえばで精米機はフル稼働しても追いつかない状態。

機械は当然オーバーヒートを起こして熱や不具合を生じます。

これが育児イライラの正体です。

 

精米機と例えたのも、心や身体はこれ以上大きくすることが難しいからです。

どんなに「大らかな心を持とう」「ストレスに強いからだになろう」といってもそう簡単にできるものではありません。

頑張らなきゃ、努力しなきゃ、自分はダメだ…

そう思うのは逆効果で余計にストレスを溜めてしまいます。

 

大量の玄米(育児の疲労とストレス)をどう自分の精米機に入れて処理していくか。

1日の精米量を限定するか、精米機の稼動を途中で休ませて機械を冷やすか、精米機をメンテナンスしてちゃんと使えるか。

これが育児イライラ対策になります。

 

 

育児中イライラする気分が安定しない原因

 

理想と現実が離れすぎている

理想と現実が離れているとストレスが溜まります。

例えば、写真でおいしそうでカワイイスイーツのお店に行って現実は全然違うし美味しくない。

「えーなにこれ?全然違うじゃん」

そんなシチュエーションに遭遇したら落胆と怒りが沸いてきます。

 

これは育児も同様で、育児の想像以上の大変さ、自分の思い描いた計画が大幅に違うからです。

子供が風邪を引いても大丈夫よーと余裕をもって看病できると思ったら、風邪をうつされて39度の熱を出しながら子供の看病。

スカートをはいて、公園で楽しむ子供を眺めて「いいなぁ」と思うのも、元気すぎて何時間も炎天下の下で子供をぼんやり毎日見るハメに。

服装は日焼け帽子につばが大きい帽子に顔はタオルでグルグル、日焼け止めは沢山、いつも着るのはユニクロの長袖とクロックス。

「こんなんじゃない!」感が日増しに増えてしまいイライラする原因になります。

 

自分自身に制限をかけている

大人になったあなたはいろいろな制限を背負っていたりしますね。

特に子供を育てなければいけないという制限は明確ではないでしょうか。

この制限自体は悪い事ではありません。

しかしあなたに対し自分自身の制限をかけすぎると制限ばかりに目がいってしまいます。

本当にやりたい自分の気持ちを制限してしまい

これをしなければならない

ということばかりにとらわれてしまいます。

関連記事:育児イライラが限界手を出してしまいそうな自分に自己嫌悪どうにかしたい

 

一番心が軽く見られる時と言うのは自分がやりたいことをやっている時。

  • 育児とか理想の母親にならなければいけない
  • 家事をちゃんとしなければならない

という制限にがんじがらめになっているので、

本来のやりたい自分とは離れ

気分が安定しなかったりイライラしたりするんです。

関連記事:心に余裕がないと感じる育児だけで1日が終わるどうにかしたい場合の対策

 

血流が悪くなっている

イライラなどのストレスを鎮めるためには

ホルモンであるセロトニンが鍵となっています。

セロトニンは精神を安定させる効果があり

例えば、

  • 犬や猫と触れ合っているとき
  • 朝気持ちの良い日に外に出て光と風にあたる
  • 好きな人と手をつないだとき
  • たくさん笑った時
  • 感動する映画で大泣きした時

こういう時に分泌されます。

逆にセロトニンの分泌が低下してしまうと

  • 頭に血が上ったような興奮がさめない
  • 常にイライラしているような感じになる
  • 夜もネガティブな気分が多く不安が続く
  • 興奮して寝付くことが難しくなる

というのに、育児のイライラを余計に増幅させてしまいます。

 

上のようなセロトニンを分泌させる方法をとるとこれをした後で心がホッとしていませんか?

これがセロトニンの効果といっても間違いありません。

このセロトニンの分泌は血流が悪くなると分泌の量が低下してしまいます。

特に女性は鉄分が足りなくなるため、

セロトニンの分泌が低下してしまうということも少なくありません。

 

旦那の方が子供よりもタチが悪い

子供は叱れば言う事を聞いてくれます。

しかし大人の旦那は例え叱っても言う事を聞いてくれません。

なんど躾をしたとしても、数日やっただけですぐに元に戻る。

子供のほうがどれだけいうことを聞いてくれるか…。

 

言い訳ばかり多く、妙に頭が回る、しかも子供のように可愛くない。

子供のほうがマシじゃんと思ってしまいイライラしていします。

 

育児中イライラ解決策1 タブレットでアニメやゲームで子供に親から注意を逸らす

 

教育上あまりよくありませんし

お子さまの視力低下や集中力の低下など

完全な育児をするのであればお勧めすることはありません。

 

しかし、ちょっとした時間育児から離れたい場合はタブレットはとても役立つアイテムなのは間違いありません。

タブレット一つで映画やアニメそしてゲームなど。

子供の興味を釣る上ではおすすめなアイテムです。

 

特に長距離移動中子供が騒いで仕方ない時。

駄々をこねられると周りの人にも迷惑をかけてしまいますよね。

そんなときタブレットがあると、静かになってくれます。

ディズニーのアニメやアンパンマンなど何本か入れておくと集中して見てくれます。

 

育児中イライラ解決策2 やってくれると期待しない

 

イライラする原因は自分の思った理想と現実がかけ離れているからです。

旦那が家事を手伝ってくれない

子供が言っても言うことを聞いてくれない。

自分が望んでいることをやってくれないとそれはストレスとして感じます。

 

それであれば、いっそのことを期待をするということを手放してきましょう。

たとえ自分の家族だとしても自分の理想がわかってくれるとは限りませんから

相手に対して期待さえしなければ、自分がイライラすることもなくなります。

 

「それは信頼してないという事なのでは?」

そうではありません。

期待はしなくても信頼はする。

そういう家族関係でいられるように努力してみましょう。

 

期待さえしなければ、たまに旦那が家事をやってくれれば嬉しいですよね。

子供が言うことを聞いてくれれば嬉しくなります。

関連記事:細かいことが気になる

 

育児中イライラ解決策3 自分と向き合えるような時間を設けるようにする

 

いくら子供がかわいくてもいつもべったりしていると

自分の時間も取れずイライラしてしまいます。

一瞬でも自分の子供を「ウザイ」と思って自己嫌悪したことありませんか?

これは、自分の許容範囲異常の疲れによって人間の本能的に出る症状です。

 

太古の人類にとってのストレス反応は大型の獣に出くわしたときに現れる症状でした。

しかし、人類の環境変化に合わせストレスの元も多様し、過去の失敗や未来への不安に対して闘争・逃走反応が起こることが多くなっています。

昔に比べて育児は医療や設備環境は便利になりましたが、育てる人と人を繋ぐ環境では最低な状態です。

自分の子供を「ウザイ」と思ってしまうのはそれだけ過酷な環境にさらされているからです。

決して自分のせいではありません。

 

自分一人でどうにかするのではなく、1時間から2時間くらい旦那に預けたり

一時的なホームヘルパー両親などにお願いして自分の時間を作ってみてください。

落ち着くようなカフェで美味しいスイーツでも食べてのんびりする。

それだけでも心が整理されてイライラしにくくなります。

 

育児中イライラ解決策4 怒りや悲しみストレスは育児特有のものと諦める

 

育児でイライラして怒ったり悲しくなってしまったりするストレスは

今しかない貴重な体験

だと割り切って諦めてしまうというのも大切なことです。

 

育児は今は大変かもしれませんが、

のちのち振り返ってみれば

「あの時大変だったけど本当に楽しかった」

と振り返る先輩ママさんがほとんどです。

関連記事:妊娠中のストレス発散方法これで私はスカッとできた先輩ママ20名の体験談

 

確かに今、それどころではないと感じるかもしれません。

ですが、きっといい思い出になれると思って

今は諦めてイライラを受け入れるということを身考えても良いのではないでしょうか。

 

育児中イライラ解決策5 鉄分をしっかりとってストレスに強くなる

 

鉄分が不足して酸素不足になるとストレスに対して耐性が弱くなります。

特に貧血の女性は要注意。

脳に必要な酸素が行き渡らなくなると

ストレスを緩和するためのホルモンセロトニンの分泌が低下します。

 

また、脳の酸素不足はイライラを余計に助長してしまうことも。

食事で鉄分を補うのは今の日本の食生活では難しいもの。

医者に処方してもらえる鉄剤は便を硬くして便秘になったり切れ痔になったりするリスクも。

 

毎日しっかり鉄分を摂取するのであれば、サプリメントがおすすめです。

>>貧血改善鉄分サプリメント比較ページへ

鉄分サプリメントを毎日飲んでいつも通りの生活を過ごしていましたが

今まではすぐにカーッとなって怒っていた子供のいたずらにも

心に余裕ができ極端に怒ることがなくなりました。

最近では眉間のしわも薄くなり笑顔でいられる時間が増えました。

 

また、ただ、子供と過ごすことがこんなにも楽しくて幸せなことなんだと実感できるようにも。

これがセロトニンの力なんだって。

血の巡りの大切さを実感しました。

もし育児をしていて、必要以上に怒ったりイライラしがちなのであれば

鉄分不足かもしれません。

ただ、鉄分不足はサプリメントを毎日飲んでいれば解決できるのです。

 

まとめ

 

イライラする時は適度に自分を見つめ直せる時間持つようにしましょう。

そしてストレス耐性が強くなる為にも血流を良くする。

鉄分をしっかりとりセロトニンの分泌を促してあげるように。

 

育児はいわば戦場です。

テレビで見るような穏やかな育児はほとんど存在しません。

ただし育児方法なんて存在しないのですから貴方がいいようにやればいいだけ。

大切なのは家族がみんな笑顔になれるかということだけです。

-ストレス

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.