妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

高齢出産

35歳以上高齢出産をされた方20名に聞いた妊娠中の不安はなんでしたか?その1

投稿日:

不安

35歳以上で出産することを高齢出産といいます。

高齢出産には様々なリスクがあるといわれており、妊娠しても元気な赤ちゃんが無事に生まれてくれるのか心配になります。

そんな先輩ママたちが体験した高齢出産で感じた不安を教えて頂きました。

 

 

人によって不安の要素は様々あります。

今妊娠中、出産を控えている、これから妊活に入るという方参考にされるとよいですよ。

 

※某アンケートサイトより35歳以上で妊娠出産された女性限定で集めた生の声です。

見やすいように改行は行いましたがほぼ原文ママとなっています。

 

高齢出産であることから元気な子がうまれてくるか

ふーふーさん 37歳

私は結婚したのも遅く、それと同じくらい妊娠をするのも遅かったので高齢出産でした。

高齢出産になればなるほど障がいを持ったり、

奇形児になる確率がグッと上がってくる聞いたことがあるので、

とにかく五体満足でとにかく健康な子が生まれてくるかが不安で不安で仕方なかったです。

心配しすぎてストレスになってもお腹の子に良くないと聞いていたので、

ストレスを溜めないように自分の気持ちをコントロールしていくのも大変でした。

 

同じような悩みを持つママへの応援コメント

不安な気持ちもわかりますが、まずは常に赤ちゃんのことを思って自分の健康に気をつかっていれば神様はしっかり見てくれていると思います。

 

赤ちゃんに異常があって生まれてくること

akiさん 36歳

私と同じように高齢出産をした人が同じ会社にいました。

不妊治療をしてやっとできた子供なのですが、生まれた子はダウン症だったのです。

検査などはしなかったようです。

それを聞いて私も高齢出産は先天異常の発症率が高くなるということがとても気になり、

生まれてきた子はどんな子でも愛する自信はありましたが、

妊娠中は赤ちゃんに何かあったらどうしよう、

障害のある子だったら大変だなとずっと不安な気持ちで過ごしていました。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

高齢出産は色々と不安がありますが、生まれてきたらどんな子でも愛せてしまうのが母親だと思うんです。

不安になっても結果は変わらないので、赤ちゃんを不安にさせないためにもリラックスして過ごしてほしいです。

 

高齢出産のリスクについて

mimiさん 36歳

35歳以上のいわゆる高齢出産の場合、

先天異常など様々なリスクが高まると世間一般では言われており、

自分は大丈夫なのか大変不安になりました。

 

先天異常についての検査を受けることは決めていましたが、

どの検査方法にするかで悩みました。

 

羊水検査は費用は比較的安価でしたがリスクに対して不安があり、

最終的には「新型出生前診断」と呼ばれるNIPT検査を選択しました。

検査費用は20万と決して安くありませんが

血液検査だけで済むことと、精度も高いと言われていたのが決め手になりました。

安心材料の一つとなったので受けて後悔はありませんでした。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

夫婦でよく話し合って、意見が一致すれば検査を受けて不安を取り除くのも一つの方法だと思います。

 

子育てに体がついていけるのか

sayuさん 38歳

周りから、高齢で産むと子育てが大変だよと言われて色々心配でした。

主人ももっと年上ですし私ももともと体力もなく、

子供と毎日一緒に遊んであげられるのかと思いましたが、

実際に育ててみると、ママにべったりなのは小学校に入るくらいまでで、

あとは少しずつ親の手を離れていくと思いますので何とかやってくれた気がします。

でも走る子供についていけなかったり、

やんちゃですぐにどこかに行く子供を連れて買い物などに出かけるのはちょっと大変でした。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

子育て中は体がつらくなることもあると思いますが

ご家族や公的サービスなどにも頼りながら、頑張って育てていくといいと思います。

 

産まれてくる子供の障害の有無と自分の産後の体のことは不安でした

ヨッチィーさん 41歳

自分が妊娠中通っていた総合病院では赤ちゃんの障害を調べることは推奨しておらず

調べてもらうことはできず旦那さんと話しあっても彼的にはそこまでしなくても大丈夫だし

自分はどんな子供でも受け入れるという意見だったので、

「きっと大丈夫」

と自分自身に言い聞かせつつも産まれるまでは心のどこかでずっと不安に感じている自分がいました。

 

年齢的にも羊水が濁っているんじゃないかと思ったりもして羊水検査も考えましたが

長い針をお腹に刺したり、その検査によって少なからず流産する危険性もあると聞いて怖くなりあきらめました。

後は自分が40代で初産ということで産後自分の身体が回復してくれるのかも不安でした。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

すべては頭の中で考えていたことであって実際に産まれてしまえば子供は可愛いし

日々の成長を見ているだけで幸せを感じている自分がいます。

体力も回復できて今は子供と遊ぶことで逆に自分が鍛えられているような感じさえしています。

 

早産にならないかの不安

momさん 36歳

妊娠7ヶ月頃からお腹の張りを感じるようになりました。

病院の先生からは、

「子宮頸管も短くないから心配しなくてもいい」

と言われました。

 

しかし、35歳以上の高齢出産ということでお腹の張りから早産につながらないか心配しました。

その旨を先生に相談したところ、

張り止めの薬を処方していただき、張りが強い時は横になって安静にすることに加えて、

張り止めの薬を服用して対処していました。

結果的に、39週で元気な赤ちゃんを産むことができました。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

妊娠中心配なことがあれば、病院の先生が大丈夫と言っても、自分が納得するまで先生に相談していいと思います!

 

貧血がひどく体力が落ちやすかったこと

あずきさん 39歳

二人目の妊娠でしたが、ひとり目の時より貧血の症状が重く、鉄剤を飲んでもあまり効かなかったことです。

年齢もあるかと思いますが、日々ずっと体が重く、立ちくらみなどの症状も続いていました。

サプリも飲んだり食べるものでも鉄分が多いものを取っていましたが、

何をするにもだるくしんどい状況が続きました。

 

動くのがつらく体重の増加も早かったため、

病院での健診がややつらいものになりました。妊娠9カ月を過ぎたころから急に体調がよくなり、

貧血の症状も徐々に改善されていきました。

同じような悩みを持つママへの応援コメント

妊娠する前から貧血を補える食べ物を意識して食べておくと、急に増やすよりも良いそうです。

妊娠前の体作りがとても大切だと思います。

 

高齢出産妊娠中の悩みその2へ

高齢出産妊娠中の悩みその3へ

-高齢出産

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.