妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

貧血

妊娠中貧血の症状って?20名の先輩ママから聞いた自覚症状と対策方法4

投稿日:

前回の続きです。

>>妊娠中貧血の症状って?20名の先輩ママから聞いた自覚症状と対策方法3

 

目が回る感覚がある

 年齢  32歳
妊娠していつ頃から貧血になった? つわり中がとくに貧血気味でした。
 どんな症状があなたの体や精神面に影響がでましたか? つわり中は食事を十分にとれないために、貧血気味だったのだと思います。

つわりが終わっても、鉄分サプリを飲み忘れると目が回る感覚がありました。

 その時どう感じましたか? 散歩中に目の前が暗くなると、「このまま倒れるのではないか」「母子手帳を持ち歩けばよかった」と後悔していました。
 どのようにして貧血は解決されましたか?一番効果があった方法は? 鉄分サプリと、鉄分が含まれているヨーグルト、牛乳、チーズを積極的にとるようにしました

(便秘予防のために、なるべく乳製品を選んだ)。

 解決方法を行ったあと体調や精神面はどう変化がありましたか? 鉄分サプリを飲んだときには、立ちくらんだり、目の前が暗くなったりすることがなくなったように思います。

身体がだるく疲れやすくなる

 年齢  36歳
妊娠していつ頃から貧血になった? 妊娠が判明して、少しした妊娠初期から
 どんな症状があなたの体や精神面に影響がでましたか? 身体がだるく、日常普通にしていた事に疲れてしまうようになりました。

身体がフラフラする感覚が発生するようになりました。

 その時どう感じましたか? 家事を普通にこなすのが体力的に出来ず、ぼーとしてしている自分を感じ、脱力感を日常感じるようになりました。
 どのようにして貧血は解決されましたか?一番効果があった方法は? 定期診察の時、医者へ行き、それが貧血である事を初めて自覚して、鉄剤を処方してもらい、飲むようになったのが一番効果がありました。
 解決方法を行ったあと体調や精神面はどう変化がありましたか? だいぶ身体が改善され、疲れやすさ、ぼーとする感覚がなくなり、精神面では妊娠生活を楽しめるゆとりが出来ました。

目の前に星がみえるような感じになる

 年齢  48歳
妊娠していつ頃から貧血になった? もともと鉄欠乏性貧血を持っていたので、妊娠してすぐに貧血だから薬を飲むように言われました。
 どんな症状があなたの体や精神面に影響がでましたか? 症状は、貧血になると目の前に星が見えるような感じになります。

また、氷が欲しくなります。

ずっとボリボリ氷を食べていました。

貧血になると体は疲れるし頭はぼーとなります。

 その時どう感じましたか? 精神面では赤ちゃんができたことで、強くなったような気がします。

赤ちゃんに影響があるかもしれないから、薬は絶対に飲まないぞ!と思っていました。現に飲みませんでした。

 どのようにして貧血は解決されましたか?一番効果があった方法は? 薬が飲めないから、しっかりご飯を食べるようにしました。

運が良くつわりが無かったので何でも食べれました。

 解決方法を行ったあと体調や精神面はどう変化がありましたか? 貧血の薬を飲んでいないのに、5ヶ月目くらいの健診の時に、貧血の数値が良くなっていました。

何でも食べたいものを食べたおかげで、貧血が改善され体重も増えていました。

先生から少し増えすぎだと言われました。今度は体重制限されました。

フラフラめまいを感じる

 年齢  36歳
妊娠していつ頃から貧血になった? 妊娠中期頃の血液検査で分かりました。
 どんな症状があなたの体や精神面に影響がでましたか? 貧血気味と結果が出るまでは、特別自覚するような症状は特別ありませんでした。

元々がフラフラめまいを感じるような事もあったので、妊娠したからといって意識するようなことはなかったのです。

 その時どう感じましたか? 貧血と結果の聞き、やはり妊娠中は自覚症状がないにしても、普段とは体調も違うのだなと感じさせられました。
 どのようにして貧血は解決されましたか?一番効果があった方法は? 病院の先生から、鉄剤を処方されました。

また食事面では自分で出来る範囲での摂取を心掛けました。

例えばひじきの煮物です。

 解決方法を行ったあと体調や精神面はどう変化がありましたか? 毎日鉄剤を飲むことで、安心感はありました。

自分の全てがお腹の赤ちゃんに繋がっているのだと思うと、出来る限り良い状態にしてあげたいと強く感じました。

元々の貧血で処方された鉄剤の副作用が嫌だった

 年齢  40歳
妊娠していつ頃から貧血になった? 26週目頃から出産まで
 どんな症状があなたの体や精神面に影響がでましたか? 少し立ちくらみがある程度で貧血自体で悩むほどの自覚症状はなかったです。

しかし病院で貧血の薬を飲むよう処方され、その薬を飲むと副作用があり、それが嫌でした。

 その時どう感じましたか? 血液検査で良い結果が出ることを毎回祈っていました。

出産したら治るのか、また貧血でお腹の赤ちゃんに悪影響があるのか、不安でした。

 どのようにして貧血は解決されましたか?一番効果があった方法は? 貧血自体は薬を飲むことで、出産間近頃には数値は正常になっていました。

出産することで、しばらくして薬の服用もなくなり、不快だったことはなくなりました。

 解決方法を行ったあと体調や精神面はどう変化がありましたか? 薬の副作用がなくなったことで、気分がとてもすっきりしました。

同時に、「妊娠」という特別な期間の終了を実感しました。

まとめ

妊娠中は赤ちゃんの成長ばかり気に取られてしまい、自分の鉄分不足を忘れてしまっていることも少なくありません。

自覚症状も「なんか変だなぁ」「なんか体調がすぐれない」

これも妊娠による体調変化だからだよね。今は耐えないと

といって放置してしまうことも。

私がそうでしたね…。

妊娠なんて早々しょっちゅうするようなイベントでもないですから(笑)

 

ただなんかフラフラする、なんかイライラしやすい不安になりやすい

と思ったらまず血液不足(貧血)を疑ってみましょう。

しっかりと鉄分を補給してあげて血液を増やせば、妊娠中の体調もウソ?と思うほど楽に過ごせます。

二人目の出産の時はちゃんと鉄分を補ったところ体調は常に良かったですよ。

 

ただ、日ごろ鉄分を補給するのはなかなか難しいです。

そんな時こそ鉄分サプリメントがおすすめ。

>>妊娠中でも安心して飲める鉄分サプリメント比較

妊娠中でも、フラフラしたり、嫌なことを考えるという調子の悪さが吹っ飛びます。

毎日成長していく赤ちゃんと楽しくいられるため、ママであるあなたの健康にも鉄分は欠かせません。

 

-貧血

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.