妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

母乳

授乳中に納豆を毎日食べたら母乳は出るし詰まらないし肌は超キレイになりました。

投稿日:2018年1月9日 更新日:

最近値上げしてしまいましたが未だに庶民の味方のおかず納豆。

学生時代お世辞にも肌はあまりきれいじゃない友達に久しぶりに再会したら

メチャクチャ肌がキレイになっていたんです。

 

薄いナチュラルメイクなのに肌がツヤツヤで白くきめ細かいんですよ!

「えーエステとか高い化粧品買ってるんでしょ?」て聞いたら

「違うよー腸内環境良くしたらメチャクチャ肌の調子よくなった」

それで根掘り歯掘り聞いたところ「納豆」を毎日食べるようにしただけ。

「はー?納豆が?」はじめは半信半疑だったのですが

「1日1パックだし安いからやってみようかな」とチャレンジしたわけで。

そうしたら授乳期間中でもびっくり

  • 母乳は良く出るようになった
  • 便通がスゴくよくなって1日3回も快便に
  • 便通が良くなったのでお腹が皮下脂肪がモリモリ減る
  • 風邪を引かなくなった
  • 肌のツヤやキメがめちゃくちゃ良くなった

 

などいいこと尽くめ。

最近だと1パック90円くらいでしょうか。

一日一パックなら30円。

たった30円で美容も健康もダイエットにもなる納豆なら毎日食べようと思いませんか?

ここではそんな安くて美味しい納豆の魅力について紹介します。

関連記事:母乳を増やす食べ物

 

納豆に含まれる納豆キナーゼが血液をサラサラにしてくれる

血液をサラサラに…納豆だけに含まれる酵素「ナットウキナーゼ」が血流を正常化してくれます。

最近の研究で、ナットウキナーゼには血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用、オイグロブリン溶解時間の短縮作用があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。

引用:http://j-nattokinase.org/nattokinase/

実際納豆を毎日夜に食べるようにしたところ、朝の母乳の詰まりやハリの違和感が減りました。

もちろん母乳の量は変わりませんよ。

沢山母乳は出てサラサラなので朝から子供もがっつくようにごくごく飲んでくれます。

 

納豆に豊富に含まれる「食物繊維」によって、整腸効果が期待できる

 

納豆の主成分は大豆です。

納豆には便のカサを増やしてくれる不溶性食物繊維

便の滑りをよくしてくれる水溶性食物繊維と二つの成分がバランスよく配合。

ひきわり納豆の場合100g中水溶性食物繊維2g、不溶性食物繊維5g

納豆1パックだと約50g入っているので約半分摂取できます。

だいたい食物繊維量だと3gですね。

18歳から65歳で必要な食物繊維量は男性で20g、女性で18g以上とされています。

つまりは6分の1は納豆で摂取できるということ。

食物繊維は意識しないとなかなか満たすことができませんが、納豆を毎日食べれば簡単に3gはクリアできてしまうわけです。

 

納豆に含まれる「タンパク質」が、基礎代謝を高め筋肉を作るサポートに

 

納豆1パックには7.8gのタンパク質が含まれています。

(おかめ納豆より参考)

一日に必要なタンパク質は自分の体重/g

40kgなら40gのタンパク質が必要といわれています。

1パックでここまで多いタンパク質を効率よく取れるのも優秀な証拠ですね。

タンパク質は肌、爪、髪、筋肉、粘膜、臓器など様々な部位に使用されます。

もちろん母乳にも。

毎日納豆をとるということはそれだけ身体をつくる元を取れるわけです。

得にいい感じと思うのは肌ですね。

鏡を見ると「あれ?なんか今日調子いいぞ!」という日が増えます。

吹き出物もすごい減ります。

 

納豆に含まれる「ポリアミン」が、新陳代謝を高め老化を防止してくれる

 

ポリアミンとは体内の酵素を活性化してくれる効果のある栄養素です。

食べたものを消化したり、栄養素に変換する際などに酵素が必要になります。

加齢によって酵素は減りますが、ポリアミンがサポート。

食べたものの消化吸収が良くなると栄養が体内に行き渡りやすくなります。

  • 体感的には、食べた後のお腹の嫌なムカムカが減った。
  • 変な空腹がなくなった
  • 食べものが美味しいと感じる

というようなところでしょうか。

無駄食いしないので、当然ダイエットにはなりますよ。

イライラもしません。

 

納豆に含まれる「レシチン」が、毒素を排出しニキビやシミなどの肌トラブル回避へ

 

レシチンの効果は、脳の神経組織を活発化してくれたり、余計なコレステロールを血液から排出してくれます。

納豆を食べてから変にぼんやりすることも減り、納豆のタンパク質とレシチンが作用して美肌になったのでしょう。

肌は本当にきめ細やかな白い肌が深部から作られているのがわかります。

毎日鏡を見るのが楽しいですよ。

 

納豆に含まれる「ビタミンB群」が、目や身体の疲労を取り除いてくれる

 

ビタミンB群の働きは、食事で摂取した、炭水化物やタンパク質、脂質をエネルギーに変えてくれるために必要な栄養素です。

ビタミンB群が不足するとエネルギーが作られにくくなりいくら食べてもバテてしまいます。

夏バテなんかはこのビタミンB群が不足して起こるといわれており、うなぎがいいという所以もビタミンBが豊富だからです。

納豆にもビタミンB群が豊富。

エネルギー変換が良くなるということは代謝がよくなります。

母乳はたっぷりつくられますし、お腹の脂肪がモリモリ減っていきますよ。

 

「大豆イソフラボン」が女性ホルモンの働きを助け、骨の病気や更年期障害などの抑制が期待

 

母乳育児中は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下します。

これは母乳を作る時に分泌されるプロラクチンの影響。

授乳が終わればまたエストロゲンは分泌されます。

この間、エストロゲンによってもたらされる効果に精神安定や骨の生成がありますが、授乳中はほぼストップ。

高齢出産だと骨粗鬆症や更年期障害が出てしまうということもすくなくありません。

 

これを予防してくれるのがエストロゲンと同様の働きをしてくれる大豆イソフラボン。

納豆を夜に食べると、気持ちが落ち着きやすくなってよく眠れる。

悪い夢を見ることが減った、夜の気持ちが落ち込むことが減ります。

私はどちらかというと夜にメンタル悪くしてしまうのですが、気持ちが安らぐようになったのは良い効果だと思っています。

 

納豆は産後の育毛や白髪改善、髪のコシ改善効果があります

 

良質なたんぱく質やビタミンK、ビタミンB、鉄分やマグネシウムなどのミネラル、

大豆イソフラボンやナットウキナーゼなどは、直接発毛や育毛につながるわけではありません。

しかし、髪の生成や成長に欠かすことのできないものです。

 

実際納豆を毎日食べてから髪のツヤやコシが明らかに良くなった実感があります。

ペターっとしていてゴワゴワした産後の髪も納豆を食べてからみるみる元気にフワツヤ髪に。

 

納豆な毎日どれだけ食べればいいの?

 

こんなに納豆ってすごい美容や健康効果があるんだ!

実際私もびっくりなのですが、これは事実です。

「こんなに健康美容効果があるんだからたくさん食べなきゃ」

と思いますが、過ぎたるは及ばざるがごとしという言葉があるように食べすぎはいけません。

納豆菌はとても強力なので、食べ過ぎてしまうと、腸内の善玉菌もすべて納豆菌に入れ替わってしまうほど。

理想なのは毎日1パック、多くても2パックを限度としましょう。

一日に沢山食べるよりも毎日ちょっとずつでも続けることの方が重要です。

 

納豆を毎日食べるのは意外とできない

 

食事で必ず納豆を食べる

これが意外とできそうでできないという人多いです。

「和食ならよいけどシチューに納豆とかロールキャベツに納豆って」

どうしても食事の相性というのが出てしまって「今日はいいや」

と続けられないんですよね。

そんなとき簡単に続けられる納豆の摂取方法を紹介します。

 

オヤツ感覚で食べられる納豆がおすすめ

 

そんな時にはオヤツ感覚で食べられる納豆がおすすめです。

スナック菓子感覚で食べられるので、3時のオヤツにいいでしょう。

これでも納豆と同様の効果を得ることができます。

 

ネバネバしているかサラサラしているかの違い。

「菌が失活しているのでは?」

と思いますが、納豆菌は宇宙空間でも生き続ける強力な菌なので心配ありません。

これならオヤツにぽりぽりっと食べて美容と健康、母乳にも効果があるのでおすすめです。

私も常備していますよ。

 

旦那の晩酌のおつまみとか、私のオヤツに食べていますが夫婦そろって「毛艶がよくなった」んです。

もちろん便秘にもいいんですが二人そろって「なんか髪キレイになってない?」って

納豆ってすごい!と感動したわけです。

 

納豆成分を業種くしたサプリメントがおすすめ

 

納豆自体からはなれたい日というのはありますよね。

納豆というとどうしても生活感というのがぬぐえません。

美味しいとわかっていても、食事しか楽しみがない時

「今日は好きなものをたべるぞ!」

というのに絶対納豆がついて回るのもなんか現実に引き戻される感がすごい。

そんな時は納豆成分が凝縮された納豆由来のサプリメントがおすすめです。

 

ネバネバしない、納豆風味もしない、どこでも飲める、持ち運び自由、保存が効く

錠剤型の納豆サプリメントはこういったメリットがあるのが嬉しいこと。

今なら1000円ぽっきり送料無料です。

 

サプリメントではタンパク質量や食物繊維量はとれないデメリットがあります。

ですがそれ以外の健康美容効果を得ることができますよ。

サプリメントはさらにDHAやEPA、イチョウエキス、ショウガ、ゴボウなどの母乳に嬉しい成分も。

ダイエットしながら母乳もしっかり出して、お腹の肉やお尻の贅肉から減らることができます。

 

まとめ

 

毎日納豆をたべるだけで、母乳の悩みや健康、美容、はたまた精神的な問題さえ解決してくれます。

私は納豆によって人生観が変わったといってもおかしくはありません。

納豆教があれば入信してますね(笑)

一日一パック、難しいならオヤツタイプやサプリで続けてみてください。

一週間くらいから「なんか便通いいなぁ」と感じるようになり。

だんだんと体重が減りやすくなったとか肌が綺麗になったとか実感できます。

即効性はありませんが、確実な健康美容方法です。

ぜひ試してほしいですね

-母乳

Copyright© 子育て歩み , 2019 AllRights Reserved.