妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

体調

産後の体力回復に効いた食べ物!おすすめ7選

投稿日:2018年2月8日 更新日:

産後「なーんか調子がイマイチ悪い」なんて悩みありませんか?

私も産後、いくら休んでも、寝ても体調が思わしくない日が続きました。

お医者さんに診てもらっても「異常なし」といわれて呆然としてしまいました。

 

そんな時、親に相談してみたところ「栄養がたりないだけ」と一蹴。

「私もねあんたと同じ時期しんどかったんだから」

と、さすが年長の経験です。

そんな親たちが、「これは効いた!」という食べ物を紹介します。

 

実際これらの食べ物を食べてから「驚くほど元気が溢れる」のに驚きました。

こんなに食べ物で違ってくるなんて…。

正直食べ物を浅いところで舐めてましたね。

これから続くしんどい育児に役立ててくださいね。

関連記事:簡単疲れチェック8項目中3つ該当なら要注意自分の疲れを客観的に知りましょう

 

ローヤルゼリー

毎日1500匹の卵を生む女王蜂だけが唯一食べられる補給食

それがローヤルゼリーです。

あの小さなな身体でたくさんの子を産むんですから、相当のエネルギーが必要になります。

他時間で吸収されやすく、必要な栄養がバランスよく配合された天然のサプリメントといって間違いないでしょう。

ローヤルゼリーはタンパク質が多い他、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが広く含まれています。

ローヤルゼリーの効能の研究報告では

冷え性、肩こり、耳鳴り、血圧改善、骨密度への作用、インスリン抵抗性に対する作用、筋肉量の増加、コレステロール低減、抑うつ、抗菌、免疫機能の向上

など様々な健康効果があるとされています。

 

ローヤルゼリーの実際の効果

 

風邪の引き始めのゾクゾク感があるときにローヤルゼリーを始めて飲んだところ、

  • 大抵の場合は熱が出て寝込んでいましたが、翌日朝起きたら治っていた。
  • 疲れが取れなくてローヤルゼリーを飲んで寝たら朝すごいすっきりと起きることができた。
  • 疲れがふわっととれて陰鬱な金部も晴れた。
  • 続けていると元気な実感は鈍ってくるけど、風邪は確実にひく回数が減った

というような効果があります。

ただ、夕方にローヤルゼリーを飲んでしまうと、ギンギンに元気になりすぎて眠れないということもあるので摂取時間と容量には注意しましょう。

関連記事:気持ちが落ち着かない

 

高麗人参

 

古来より漢方として用いられた高麗人参も即効性のある栄養補給食です。

高麗人参の栄養補給の主要成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群。

このサポニンが糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効果があるとされていました。

サポニンは副腎皮質ホルモンに作用し、血流改善に効果があるといわれています。

ただし熱があるときの使用は避けること。

 

高麗人参の実際の効果

 

やる気が出ないときに飲んだときのエンジンがかかる感じがすごい

寝起きがとんでもなく良くなる、朝起きたときから元気がピーク

どちらかというと気分が落ち込むダウン系には効果がある感じ。

ただふつうに元気なときにとると発汗がすごいとか、神経質になるくらい薬効が高い

関連記事:心に余裕がない

 

うなぎ

 

産後の体力低下に「あまりおすすめできないけどおすすめ」な栄養補給食品です。

特に体力が低下していて毎日疲れている、バテ気味という人におすすめ。

ビタミンB群が豊富で、脂肪や糖質をエネルギーに変えるための栄養素を吸収されやすく食べれるのがうなぎの魅力です。

しかも美味しい。

ただし、うなぎは脂分が多いので乳腺炎になりやすいのがデメリットです。

関連記事:母乳増やす鰻の食べ方

 

うなぎの実際の効果

 

産後疲れすぎて母乳が出ないというとき母に食べさせてもらった。

食べたその日からすごい元気が出てきて母乳の量が本当に増えた。

美味しいものを食べると自然と元気になれますね。

乳腺炎の心配はありましたがちょっと張ったくらいで大丈夫でした。

夏バテで身体が重くて仕方なかったときによくないよなぁと思って食べたけどめちゃくちゃ元気になってうなぎすごい!って思いました。

 

牛肉

 

牛肉には豊富な鉄分と、タンパク質が豊富に含まれており吸収されやすいです。

特に鉄分は牛肉を食べたらすぐに元気になる実感が湧きやすい食品。

こちらの食品も食べすぎると乳腺炎になる可能性があります。

牛肉や豚肉には、アラキドン酸という脂肪酸が含まれていて、アラキドン酸の一部は脳内で「アナンダマイド」という物質に変化します。

この物質はセ ロトニンと同様に幸福感や高揚感をもたらすことで知られています。

牛肉の実際の効果

 

焼肉食べたら幸せと元気がみなぎってきた。

育児しんどくて泣きそうだったのにまたがんばろうってやる気がでたよ。

血が足りないといって肉を食べる漫画とかアニメ実際血が巡るって!感動。

くらくらフラフラしていた感じが牛肉食後にシャキッと!

すき焼きよりやっぱり焼肉の方が元気になった感はあるかな。

関連記事:ストレス解消食べ物

 

すっぽん

 

すっぽんには非常に様々な栄養素が含まれています。

特にアミノ酸とビタミンB群の含有量が非常に多く、ビタミンBは体内のエネルギー生産に強く関わっています。

身体にエネルギーを貯めても、燃やす燃料がないと溜まり続けてしまいます。

 

すっぽんをとることによって、摂取したエネルギーをしっかりと燃やすようにしてくれます。

食べても疲れが取れないとき、なんかだるい、しんどいというときはおすすめ。

 

すっぽんの実際の効果

夜食べたら本当にギンギンになってびっくり

夕方くらいにがくんとくる疲れがすっぽんを食べた日はびっくりするくらい身体が楽になった

疲れがとれないときに食べたすっぽんは本当に元気がみなぎってきて感動した。

 

豚肉

 

豚肉は疲労をじんわりととってくれる栄養補給食品という感じでしょうか。

豚肉を食べて翌日の朝は、疲れの抜け具合が良かったり、朝もわりと寝起きがよかたりします。

豚肉にはビタミンB群が豊富でタンパク質食品。

しっかりと火を通せば疲れやすい産後の体調をじんわりとケアしてくれます。

 

豚肉の実際の効果

 

生姜焼きにして食べると疲れが取れる感じがする

豚肉はしゃぶしゃぶで食べるとたくさん食べられるし野菜もたくさんとれますね。

野菜を多く食べると胸の張りもありません、

豚キムチとかネギ豚とかちょっと母乳が臭いそうなくらいだけどやっぱり元気になる。

魚もいいけどやっぱり豚肉のが元気がでやすい。

 

レバニラ

 

レバーは鉄分豊富、ニラのアリシンの作用によって血液さらさら、ビタミンB1の吸収向上、コレステロールを下げるなどの効果があります。

産後も母乳をつくることによって貧血になりがちです。

そんな、貧血に効果があるのがレバニラ。

なんか疲れが取れない、元気が出ないというときに安く美味しくボリュームがあるレバニラは庶民の味方です。

 

レバニラの実際の効果

なんか元気が出ないというときはレバニラがいいですね。食べたあとの元気の出が違います。

レバニラならわりとどこでも食べられるし安いし、育児中あまりよくはないけど元気にはなります。

スーパーのお惣菜コーナーにも売っているので、なんか疲れたなぁというときは率先して買っています。ちょっと違いますよ。

 

まとめ

なかなか手が出ない食品から、比較的手に入りやすい食品と紹介しました。

基本的な肉体疲労は豚肉やレバーが効果があります。

ちょっとメンタル的に弱っているときは牛肉がおすすめです。

まずはここから体力回復を挑んでみてはどうでしょうか。

 

即効性がある栄養補給は、ローヤルゼリーや高麗人参、すっぽんですね。

ウナギは慢性的な疲労にはガツンとくる感じです。

昔から医食同源ということばがありますが、本当にそうだなぁ産後実感できました。

食べることは自分の身体を作ること。

これからの自分子にもそのことを伝えられればいいかなぁと思います。

 

またこちらは男性でも効果テキメン。

夫婦元気になりすぎて二人目、三人目なんてこともあるので食べるときは注意しましょうね(笑)

関連記事:育児中のストレス解消

-体調

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.