妊娠から出産育児についての悩み解決方法のまとめ

子育て歩み

母乳

夜間授乳いつまでしてましたか?いつやめた?きっかけは?30人ママから実際聞いてみました。

投稿日:2018年3月30日 更新日:

泣き顔

夜中にグズってしまってついつい母乳をあげてしまう日々が続くようになると

「それが当たり前」になる人もいれば

「自分の体力がもう限界…」

という人もいます。

夜間授乳の辞め時は人それぞれですが

「いつまで続けているの?」

ときになりませんか?

そんな夜間授乳いつまで続けていたの?という疑問30名のママさんからアンケートをしてみました。

某クラウドソーシャルサービスより生の声を頂きましたので参考にしてみてください。

 年齢  いつまで続けてたの?  夜間授乳一番辛かったこと  当時の体験談  夜間授乳をやめたきっかけ  先輩ママとしてアドバイス
 28  子どもが離乳食になれる6,7か月くらい  朝まで眠れない。

おっぱいが思うように出てくれない。

 子どもが生まれて1,2か月までは夜中でもすんなり起きれたんですが、
3ヶ月くらいから起きるのがものすごくつらく、
私は母乳の出が悪かったので、授乳にものすごく時間がかかるので、いつまで続くんだろうとツラかったです。隣では旦那が気持ちよさそうに寝てる。おなか一杯になって寝てくれたと思ったら、またすぐに泣き出す。今度こそ眠ってくれと思うと、なかなか寝付けなくてぐずりだす。

私だって眠いのに・・・ととても悲しくなり、子どもと一緒に泣いた日もありました。

 離乳食が始まり、もともとミルクと混合で育てていたので、
昼間に離乳食で栄養が取れるようになって、
夜寝る前にミルクを上げるようになったら朝まで寝てくれるようになったのでやめました。
 夜中に起きるのはとても大変だと思います。

朝までゆっくり寝たい!この大変なのはいつまで続ければいいの!?

と嫌になることがたくさんあると思います。寝たいですよね!わかります!

大変ですよね!終わってしまっている立場だから言えるのですが、
育児の中で授乳期間ってホントに一瞬。大人の勝手なわがままですが、
終わってしまうととてもさみしい気持ちにもなります。大変だった思いでさえも。

大変だし、不安だし、投げ出したくなる。そんな気持ちだけど、子どもとそうやって向き合えるのはほんの一瞬だって思うと案外乗り切れちゃうんです。

終わってみたら、なぁんだこんなもんか!って思えるから、だから踏ん張ってください!

 31歳  1歳3ヶ月  子供が泣くと授乳をするので、自分自身が睡眠不足になります。 いつも子供と一緒に添い寝をしていていました。

子供が夜中にぐずって泣き出すと、オムツが汚れていないかをまず確認していました。

オムツが汚れていた時はオムツを取り換え、オムツで泣いていたのではない時は、一緒に寝た状態で授乳をしていました。

授乳をすると、落ち着いて寝てくれることが多かったと思います。

1歳前後では、夜間授乳をしただけでは寝てくれなくなったため、授乳後にしばらく抱っこをして寝かしつけていました。

 子供が1歳頃に保健婦さんの育児相談を受け、1歳3ヶ月位をめどに断乳することを教えてもらいました。

そして、夜間の授乳を止めるようになりました。

 自分自身が睡眠不足になって、大変だと思います。

ただ、たくさんの人が経験していることです。

自分にとって、やりやすい方法を見つけ出し、乗り切って下さい。

 31歳  1歳2ヶ月  夜中に何度も起きないといけないこと  授乳をしないと寝ない子だったので、寝かしつけるのに授乳をし、少し経ったら泣き出してまた授乳、といった感じが夜中1、2時間おきに続いていました。

お腹が空いているというよりは、ただくわえたまま寝たいという感じでした。

寝ぼけながら噛まれたことも何度かあります…。

小児科の先生に泣いても与えないようにするといいと言われましたが、泣きわめくわが子を放っておけず、また眠気の中抱っこし続けることもできず、添い寝しながらの授乳をしていました。

 夜中に何度も起きるのがつらくなり、子どもの離乳食もすすんで授乳が必要なくなったとおもったのでやめました。  昼間寝れる時間があれば寝て、体を壊さないように頑張ってください。
 30  一才と三ヶ月まで  夜一~二時間起きで授乳したがること。  産後で体も精神的にも弱っているのに、昼も夜も休むことができなくてかなりつらい気持ちでした。

夜は八時くらいに授乳や粉ミルクを与えて寝かせますが、長くても3時間しかもたず、一歳まで一から三時間起きで授乳していました。

体が辛かったので、添い寝しながらの授乳となり、そのまま自分も寝るようにしていました。

そのため、ベビーベッドがありましたがほとんど使っておりません。

母乳も足りない感じがしたので、夜中でも自分も水分をよく取るように意識はしていました。

 とりあえず一歳を目標に授乳をやめようという気持ちが元々ありました。

歯が生え始めてくると噛まれた時に痛いのがこわいからです。

 はじめのころは、沿い寝しながらの授乳だと簡単に卒乳できないとか、赤ちゃんを圧迫させる危険が有るなどデメリットを気にしてできませんでした。

でも自分の体のことも考えないと育児はやっていけないので、ある程度自由で良いと思います。

 30  1歳2ヶ月  歯が生えてきてむず痒いのか夜から朝までに10回以上起こされた時  完全母乳だったので、夜中に子どもが泣いた時には夫は全く対応しれくれませんでした。泣いていることに気づくこともめったにありませんでした。

どんなに眠たくても脳が半分まだ寝てるような状態でも授乳をしたり対応しましたが、乳首を噛まれると一瞬で目が冷めました。あのいつくるか予期できない刺すような痛みは忘れられません。

辛いこともありましたが、授乳中の落ち着いて安心しきったような顔はとてもかわいらしく、愛おしく思える時間でした。

 夫の母に1歳になったんだからもう辞めないとダメだと言われ、私の話も聞かずに夫が断乳を始めてしまったから。  完母なら授乳は母親にしかできませんが、夫にも大変さを理解してもらえるといいと思います。
 25歳  子供が6ヶ月くらいまでだったと思います。  やはり一番は眠れなかったことです。  毎日毎日、我が子への授乳で、ゆっくり眠れていませんでした。

おっぱいの出が悪く、少ない量の為、我が子が満足するのに時間がかかっていました。

だから、一日中授乳している感じでした。栄養も足りていないだろうと思い、粉ミルクを与えてみたものの、哺乳瓶のゴム製の乳首を受け付けてくれませんでした。

その日も夜泣きで起こされ、いつもならちゃんと抱っこして授乳するのですが、つい横になったまま授乳してしまったのです。そして、そのまま寝てしまったんです。はっと気づいた時には、我が子に覆い被さっていました。

今考えてもおそろしい出来事でした。

幸い、我が子は息していましたが、汗びっしょりになっていました。

 離乳食を始めてから、夜泣きが減り朝まで寝てくれるようになりました。おかげで、それと同時に夜間授乳を辞めました。  夜眠れず大変ですが、それもあっという間の日々です。

少しずつ成長していく赤ちゃんとの日々を大事にしてください。

 32  子どもが1歳になるまで  細切れでしか寝られない事が一番つらかった。  寝かしつけを授乳でするとあまり泣かさないで済むし、抱っこよりは楽なので寝かしつけ授乳をしていた。

すると”授乳=寝る”

と赤ちゃんが覚えるので、眠りが細切れになり目が覚めた時に泣くようになるった。母親としては自分の目が覚めたタイミングでなく、夜中に何度も起こされるようになり、寝不足が続き本当に辛かった。

寝不足なので私自身の免疫が落ち冬に風邪を引くことが多くなった。授乳中なので強い風邪薬は飲めないし、風邪だからぐっすり寝たいのに、授乳があるから起こされるで本当に辛く、悲しくなった。

 寝かしつけを授乳でしないと決めて、赤ちゃんがぐっすり朝まで眠る本と言うのを見つけ、それを読んで寝かしつけを抱っこでする様にしたのと、哺乳瓶でミルクを飲めるようにした所、1歳ころには朝まで寝てくれる様になった。  寝かしつけを授乳でしないことが重要と思います。

子供は必ず成長していき授乳も夜泣きも必ずしなくなる日が来ます。

朝までぐっすり親子で眠れるひまで頑張って下さい。

 28歳  1歳1か月位  夜中に何度も起きての授乳は眠くてきつくて大変でした。  長女で初めての子供だったこともあり、私自身育児に慣れていない部分もあったのですが、夜間に何度も起きての授乳は本当に大変でした。

最初の頃は、一度に飲む量が少なかったので、すぐにお腹が空いて泣いて起きての授乳の繰り返しでした。

飲ませてもなかなか寝てくれないことが多くて、毎日寝不足の日が続いていたのですが、徐々に体重も重くなり飲む量も増えて、昼間の活動も多くなったことで夜中の授乳回数も減ってきて、朝まで寝てくれることが多くなりました。

 子供の前歯が生えてきたこともあり、授乳の際によく噛まれていて痛い思いをしていました。

特に夜間の授乳は飲みながら寝てしまうこともあり、そのまま噛んで離さないことがあったのでやめた方がいいと思い、徐々に夜間の授乳を離していきました。

 昼間赤ちゃんが寝ている時に一緒に寝たりして、少しでも疲れを取ったり美味しい物を食べたりして少しでもストレス発散してほしいと思います。
 34  子どもが4ヶ月になるまで  11月生まれだったので寒いなか授乳をしていたこと  気持ちよく寝始めたころに子どもの泣き声で起こされ授乳をしていた。

添い乳がうまくできなかったので寝ながら授乳ということができなかったのが辛かった。

また夜間授乳をしていた時期が一番寒い時期だったので起きて暖房器具をつけ授乳をしていた。

最初は私自身も半分寝ながら夜間授乳をしていたが、生活サイクルが出来てくると、あと何時間寝てくれるはずと計算ができるように夜間授乳の苦痛が少し和らいだ。

ミルクと母乳の混合で育てていたので、実母にミルクの準備をしてもらいながら母乳をあげていたので2人三脚での夜間授乳だった。

 子どもが4ヶ月になったらとたんに夜に起きることがなくなり、自然と夜間授乳をしなくなった。  夜間授乳は必ず終わる日が来ます。辛いのもすぐ終わります。

子どもの生活サイクルが確定してきたら辛いのも少なくなりますのでなるべく早く生活サイクルを確定させてあげてください。

 24  二歳半~三歳  夜中におっぱいが無いからと泣きだして、あげないと癇癪を起こすこと。  子供が一歳半になった頃から、義理両親に

「そろそろ卒乳なんじゃない?」

と言われ始め、周囲からも卒乳を急かされていたので仕方なく始めました。

最初は言葉も通じないし、癇癪が酷くて全然うまくいきませんでした。

夜中に酷く泣くので、主人と部屋を分けたりもしました
(主人が眠れないため)。

一度両親に勧められて、乳首にわさびやからしを塗ってみたりもしましたが(子供がこれを覚えて嫌がるようになると教えられたため)、子供がいざくわえた時に大泣きしていたのがあまりにもかわいそうで、見ていられずに結局やめてしまいました。

 やめようと思ったきっかけは周囲からのプレッシャーです。

実際やめることになったきっかけは、子供が成長してパパっ子になり、夫と一緒の布団で寝たがるようになってから、自然と卒乳という形になりました。

 子供は深夜でも構わずおっぱいを求めてママを起こします。

旦那さんと寝室が一緒な方は旦那さんと話し合い協力させることが大事です。

自分だけでどうにかするのではなく、旦那さんとしっかり話し合いましょう。

続きます。

夜間授乳いつまでしてましたか?いつやめた?きっかけは?30人ママから実際聞いてみました【その2】

-母乳

Copyright© 子育て歩み , 2018 AllRights Reserved.